算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数

〇割△分□厘に関する誤解

投稿日:2018年12月30日 更新日:

分=0.01じゃない!

漢数字で1より小さい数を表すとき、野球の打率を思い出すとわかりやすいと思います。3割4分5厘といいますね。これは打率が34.5%(0.345)を表します。

気を付けなくてはならないのが、0.1=割 で、0.1=分 であることです。決して私のタイピングミスではありません。0.1=割 で 0.1=分 なのです。

「割」は割合を表す単位で、全体を十割と考えます。十割そばとかいいますね。「分」は直前の基準になる単位の0.1(10分の1)を表します。

つまり、「3割4分」とは全体1=十割としたとき、3割=0.3 と、

1割の0.1を1分として、4分=0.04だから

3割4分=0.34 となるのです。

長さの単位である「寸」を用いると、6.47寸は6寸4分7厘となります。

わかりにくいとは思いますが、

五分五分は0.5と0.5 つまり50%と50%ですね。

 

-5年生の算数

執筆者:


関連記事

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

三角形の内角の和を帰納的&演繹的に求める方法

三角形の内角の和が180°であることを導くには多くの場合、帰納的に考えます。ここではその帰納的な考え方とともに、三角形の内角の和を演繹的に考える方法も解説します。 帰納的①:角度をはかる 三角形の3つ …

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …