算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

「数」というものをどのように教えるのか

投稿日:2020年4月15日 更新日:

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。

しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。

それでは、「数」というものを知らいない人(子)にどのように「数」を教えればよいのでしょうか。

①数唱

「1,2,3,4,…」と数を1ずつ数えることを「数唱」といいます。

よくお風呂から出るときに、肩まで浸かって10まで数えたりしますね。

このとき、子どもは自分が唱えているものが「数」であるという認識はありません。

実際に、私の息子が3歳のときに、1から10まで数えられるようになり、両手の指の数をかぞえさせたら、

上のように、両手で指が5本になってしまいました。

数唱の「いち」と数としての「1」が対応していないんですね。

②一対一対応

数を唱えることができるようになったら、「数(数唱)」と「物」を対応させます。

先ほどの、指の数のように、2本の指に「い~ち」ではいけません。

1本の指に1つの数詞を対応させます。

このときに唱えている数を「順序数」といいます。

上で唱えた数は「順序数」ですので、「ご」は「ご本目の指」を表していて、「片手の指の数が「全部でご本」と、全体の数のことを言っているのではありません。

「最後の数が、全体の個数を表すんだ。」ということを理解させる必要があります。

子が、指の数を10まで数えた後に、「指の数は全部で何本?」と聞くと「ろく」とか「ご」と答えられてがっくりした経験がある保護者の方は少なくないでしょう。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

1年生:長さの直接比較 授業のポイント

長さは身長や距離など非常に身近にある量です。量の学習は長さも面積も体積(容積)も「直接比較」、「間接比較」、「任意単位による比較」、「普遍単位による比較」の4つの段階を経ます。 このページでは、算数の …

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。

ものの位置の表し方

第1学年では、左右や上下など、1次元のものの位置の表し方について学習しています。 第4学年では、平面上にあるものの位置についてどのように表すのかを学習します。この学習では、児童が体を動かしながら、楽し …

no image

算数の授業における『見通し』のもたせ方

「見通し」という言葉は、平成29年告示の学習指導要領解説算数編では、95回出てきます。 旧指導要領時には、22回しか出ていません。算数の授業において、「見通し」を重視しなくてはならないことが、よくわか …

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。 これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。 それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的 …