算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

「数」というものをどのように教えるのか

投稿日:2020年4月15日 更新日:

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。

しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。

それでは、「数」というものを知らいない人(子)にどのように「数」を教えればよいのでしょうか。

①数唱

「1,2,3,4,…」と数を1ずつ数えることを「数唱」といいます。

よくお風呂から出るときに、肩まで浸かって10まで数えたりしますね。

このとき、子どもは自分が唱えているものが「数」であるという認識はありません。

実際に、私の息子が3歳のときに、1から10まで数えられるようになり、両手の指の数をかぞえさせたら、

上のように、両手で指が5本になってしまいました。

数唱の「いち」と数としての「1」が対応していないんですね。

②一対一対応

数を唱えることができるようになったら、「数(数唱)」と「物」を対応させます。

先ほどの、指の数のように、2本の指に「い~ち」ではいけません。

1本の指に1つの数詞を対応させます。

このときに唱えている数を「順序数」といいます。

上で唱えた数は「順序数」ですので、「ご」は「ご本目の指」を表していて、「片手の指の数が「全部でご本」と、全体の数のことを言っているのではありません。

「最後の数が、全体の個数を表すんだ。」ということを理解させる必要があります。

子が、指の数を10まで数えた後に、「指の数は全部で何本?」と聞くと「ろく」とか「ご」と答えられてがっくりした経験がある保護者の方は少なくないでしょう。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …

たし算のパターン(6種類)

小学1年生のたし算について考えます。考え方の違いによって、ブロック操作の仕方も変わりますので注意が必要です。平成29年度告示算数科学習指導要領では、「加法が用いられる場面」として「合併」、「増加」、「 …

たし算を習う順番と扱う数字の理由

小学1年生におけるたし算の学習は、どのような段階を経るのか、また、教科書に出てくる問題の数値はどのように決められているのか解説します。 たし算①:繰り上がりのないたし算 一番はじめに習うたし算は繰り上 …

時刻と時間(時計の学習)教えるポイント

時計の学習は、小学1年生から始まり、3年生で終結します。 低学年の児童にとって、かなり難しい単元であり、頭を抱えたことのある保護者の方も多くいるかと思います。 そんな時計の学習について説明します。   …

長さを比べるためには4段階を経る!