算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

投稿日:2019年1月15日 更新日:

長方形の面積の公式を言える人は多くいると思います。しかし、実は間違った意味で覚えている人も多くいます。このページでは、実は間違って理解している面積の公式について説明をします。

長方形の面積の求め方は?

さっそくですが、下の長方形の面積を公式を使って求めてみましょう。

3×5=15

答えは「15㎠」ですね。では「3×5」のそれぞれの数に付く単位は何でしょうか。

3cm × 5cm

と考えている人は間違えています!長さと長さは、かけられませんよ。

㎠の2って何?

面積の単位に注目してみましょう。「㎠」の「2」って何でしょうか。アルファベットの右上にある数字ですので累乗、つまり「2乗」です。「cm×cm」と「cm」を2回かけているから「cmの2乗」です。

と、上のように考えると大間違いです。㎠の2は「2次元」を表しています。長さ(線)は1次元です。広さ(面)は2次元です。

「cm×cm」と「cm」を2回 かけるから「㎠」と2がつくよ。

などと子どもに言ってはいけませんよ!単純に「面積を表す単位は「㎠」(基準はもちろん㎡)ですよ。」だけでよいのです。

「たて×横」の「たて」って何?

それでは、「たて×横」の「たて」って何でしょうか。そこを考える前に、そもそも面積とは何でしょうか。

面積って何?

面積とは広さを数値化したものです。ここで、長さの学習を思い出してみましょう。長さを数値化するために「メートル」という単位を作りました。同じように面積を数値化するために「平方メートル」という単位を作ったのです。

つまり、面積とは「1平方メートルがいくつあるか」ということなのです。

1㎠のかずを数える

それでは、最初に解いた長方形に「1平方メートル」がいくつあるかを考えてみましょう。ここでは「1平方メートル」は大きいので初めから「1平方センチメートル」が何個あるかを考えます。

さて、1㎠がいくつあるでしょうか。上の1㎠を数えてみましょう。

「1、2、3、4・・・」

面倒くさいですね。どうしましょう。かけ算を使いましょう。たてに1㎠が3マスありますので3㎠です。

この3㎠が5列ありますね。

答えは15㎠です。
3×5に単位を付けると

3㎠ × 5列

となります。つまり、

長方形の面積 = たてにある1㎡の数 × 列の数

なのです。授業では、

①単位の説明

②1マス1マス数える

③かけ算を使って数える

④面積の公式

という流れになると、児童の自然な思考に適しているでしょう。

絶対に解けない面積の問題はこちら!

-4年生の算数

執筆者:


  1. […] 長方形の面積=たての長さ×横の長さ じゃない […]

  2. […] 「長方形の面積は縦の長さ✕横の長さじゃない」 […]

関連記事

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …

四角形のしきつめ

平行四辺形 ひし形 台形 四角形 四角形のしきつめの授業等に活用してください。 ぴったりと敷き詰められる図形の美しさ なぜ美しく敷き詰めることができるのか という不思議も追及してください

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。   A塾にとって都合の良いグラフ A塾は、合格者数が減 …