算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

投稿日:2019年1月15日 更新日:

長方形の面積の公式を言える人は多くいると思います。しかし、実は間違った意味で覚えている人も多くいます。このページでは、実は間違って理解している面積の公式について説明をします。

長方形の面積の求め方は?

さっそくですが、下の長方形の面積を公式を使って求めてみましょう。

3×5=15

答えは「15㎠」ですね。では「3×5」のそれぞれの数に付く単位は何でしょうか。

3cm × 5cm

と考えている人は間違えています!長さと長さは、かけられませんよ。

㎠の2って何?

面積の単位に注目してみましょう。「㎠」の「2」って何でしょうか。アルファベットの右上にある数字ですので累乗、つまり「2乗」です。「cm×cm」と「cm」を2回かけているから「cmの2乗」です。

と、上のように考えると大間違いです。㎠の2は「2次元」を表しています。長さ(線)は1次元です。広さ(面)は2次元です。

「cm×cm」と「cm」を2回 かけるから「㎠」と2がつくよ。

などと子どもに言ってはいけませんよ!単純に「面積を表す単位は「㎠」(基準はもちろん㎡)ですよ。」だけでよいのです。

「たて×横」の「たて」って何?

それでは、「たて×横」の「たて」って何でしょうか。そこを考える前に、そもそも面積とは何でしょうか。

面積って何?

面積とは広さを数値化したものです。ここで、長さの学習を思い出してみましょう。長さを数値化するために「メートル」という単位を作りました。同じように面積を数値化するために「平方メートル」という単位を作ったのです。

つまり、面積とは「1平方メートルがいくつあるか」ということなのです。

1㎠のかずを数える

それでは、最初に解いた長方形に「1平方メートル」がいくつあるかを考えてみましょう。ここでは「1平方メートル」は大きいので初めから「1平方センチメートル」が何個あるかを考えます。

さて、1㎠がいくつあるでしょうか。上の1㎠を数えてみましょう。

「1、2、3、4・・・」

面倒くさいですね。どうしましょう。かけ算を使いましょう。たてに1㎠が3マスありますので3㎠です。

この3㎠が5列ありますね。

答えは15㎠です。
3×5に単位を付けると

3㎠ × 5列

となります。つまり、

長方形の面積 = たてにある1㎡の数 × 列の数

なのです。授業では、

①単位の説明

②1マス1マス数える

③かけ算を使って数える

④面積の公式

という流れになると、児童の自然な思考に適しているでしょう。

絶対に解けない面積の問題はこちら!

-4年生の算数

執筆者:


  1. […] 長方形の面積=たての長さ×横の長さ じゃない […]

  2. […] 「長方形の面積は縦の長さ✕横の長さじゃない」 […]

関連記事

わり算の筆算はどうして他と形が違うの?

わり算の筆算は、たし算、ひき算、かけ算の筆算とは違う書き方をします。なぜ、違う書き方なのでしょうか。授業をするときのポイントと合わせて解説します。 まずやらせてみる 「96÷3」を筆算で計算しましょう …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …

カレンダーの数字のヒミツ

カレンダーの数字には、様々なヒミツが隠れています。ヒミツの証明まで考えなければ、3年生以上の学年で扱うことができる教材です。 あなたは、いくつのヒミツを見つけることができますか?このページでは9種類の …

L字型の図形の面積の求め方(6種類の解法)

第4学年の算数の研究授業でもよく扱われることのある「L字型の図形の面積の求め方」について、その解法を紹介します。 問題 下の直線で囲まれた図形の面積を求めましょう。 図形の中に方眼があるのかないのかは …