算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数 算数の基礎 算数雑学

かけ算の順序問題

投稿日:2019年10月10日 更新日:

1皿に5個ずつみかんがのっています。4皿分では、みかんは何個でしょう。

この問題の式を

「 4✕5 」と書き、テストでバツをもらった!日本の教育はおかしい!

というようなかけ算の順序問題を聞いたことがある方は少なくないでしょう。

ここでは、かけ算の順序について、新学習指導要領解説編や英語圏での扱いに触れながら見ていきたいと思います。

 

 

指導要領解説の記述

学習指導要領解説では、かけ算の順序についてどのように記載されているのでしょうか。少し長文になりますが、以下に載せます。

「5個のまとまり」の4皿分を加法で表現する場合,5+5+5+5と表現することができる。また,各々の皿から1個ずつ数えると,1回の操作で4個数えることができ,全てのみかんを数えるために5回の操作が必要であることから,4+4+4+4+4という表現も可能ではある。しかし,5個のまとまりをそのまま書き表す方が自然である。そこで,「1皿に5個ずつ入ったみかんの4皿分の個数」を乗法を用いて表そうとして,一つ分の大きさである5を先に書く場合5× 4と表す。このように乗法は,同じ数を何回も加える加法,すなわち累加の簡潔な表現とも捉えることができる。言い換えると,(一つ分の大きさ)×(幾つ分)=(幾つ分かに当たる大きさ)と捉えることができる。

学習指導要領解説では、かけ算の順序は守るよう記載されていますね。つまり、先程の保護者の訴えは棄却されたわけです。

この記載は、平成29年告示の学習指導要領解説で新しく記述されました。かけ算の順序問題について、文科省が「かけ算の順序を児童に教える必要がある」と明確にしたことがわかります。(それまでは各教員の判断に任されていました)

 

 

かけ算の順序問題(例外)

かけ算の順序を守らなくてはならないことが指導要領に記載されたので、これからは、より厳格にテストの採点が行われることになるでしょう。

授業をする方から見れば、今までは各教師に任されていた順序問題について、指導要領という後ろ盾を得たことになります。

しかし、かけ算の順序が関係ない場面もあります。

例えば、●の数を求める問題や面積を求める場合です。

下の●の数を求めるとき、

たて✕横 と考えて 5✕4 と考えるのが一般的ですね。

しかし、この問題の場合には、4✕5 という式も間違えにはなりません。なぜならば、見る方向を90度変えれば、

4✕5 になるからです。面積の場合も同様です。このような問題の場合、かけ算の順序は、成否が問われません。

 

 

外国でのかけ算の順序

今までは、かけ算の順序について、日本語で考えてきました。指導要領にも、

(一つ分の大きさ)×(幾つ分)=(幾つ分かに当たる大きさ)

と日本語でかけ算を捉えています。(当然ですが…)

しかし、かけ算の順序を英語で考えると、事情は大きく異なります。

英語では、上のみかんの数を考えるとき、

「みかん5個」が「4皿」ではなく、

「4皿」の「ケーキ5個」となり、式にすると

「 4✕5 」となるのです。

 

同じ事象なのに、言語の違いで、違う式になってしまいました。

英語圏では一般的に

(かける数)✕(かけられる数)

という順序で書くのです。

陸上競技のリレーが「4✕100mリレー」というのはそのためです。

 

 

 

日本に住む我々は、生活の基盤は日本語であり、日本語で学びます。また、新しく指導要領に記載されたことから、かけ算の順序について、正しくなければ確実にバツになります。

 

しかし、バイリンガル教育システムを導入している学校や帰国子女もしくは親が英語圏の人で家では英語で話す子など、より様々な環境下では、かけ算の順序はどのように扱われるのでしょうか。

かけ算の順序問題は、よりグローバルな視点で語られる日が来るかもしれません。

-2年生の算数, 算数の基礎, 算数雑学

執筆者:

関連記事

世界のわり算の筆算4種類!メリット&デメリット

世界中には様々なわり算の筆算のやり方があります。世界中のわり算の筆算を知ることで、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットが見えてきます。最初にメキシコから見ていきましょう。 メキシコのわり算 メキシ …

漢字で表される単位の秘密

mやkgなど、SI基本単位やSI接頭語は漢字一文字で表されることもあります。SI接頭語と漢字は意外と相性がいいみたいです。 基本的な単位についての解説はこちら↓ 単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k …

ものの位置の表し方

第1学年では、左右や上下など、1次元のものの位置の表し方について学習しています。 第4学年では、平面上にあるものの位置についてどのように表すのかを学習します。この学習では、児童が体を動かしながら、楽し …

単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k,d??)

算数で最も欠かせないものは「量」である。といっても過言ではありません。 量について及び普遍単位についてはこちらのページを参照してください! 数と量って違うの? 普遍単位による長さの比較 ここで扱う「単 …

0のひき算を教えるときは求残?求差?

「求残」で教える 6社あるうちの5社が、「のこり」を考える求残でした。求残はブロック操作がしやすく簡単なものになります。「3-3」を例に考えてみましょう。 りんごが3こあります。3こ食べると のこりは …