算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数 算数の基礎 算数雑学

かけ算の順序問題

投稿日:2019年10月10日 更新日:

1皿に5個ずつみかんがのっています。4皿分では、みかんは何個でしょう。

この問題の式を

「 4✕5 」と書き、テストでバツをもらった!日本の教育はおかしい!

というようなかけ算の順序問題を聞いたことがある方は少なくないでしょう。

ここでは、かけ算の順序について、新学習指導要領解説編や英語圏での扱いに触れながら見ていきたいと思います。

 

 

指導要領解説の記述

学習指導要領解説では、かけ算の順序についてどのように記載されているのでしょうか。少し長文になりますが、以下に載せます。

「5個のまとまり」の4皿分を加法で表現する場合,5+5+5+5と表現することができる。また,各々の皿から1個ずつ数えると,1回の操作で4個数えることができ,全てのみかんを数えるために5回の操作が必要であることから,4+4+4+4+4という表現も可能ではある。しかし,5個のまとまりをそのまま書き表す方が自然である。そこで,「1皿に5個ずつ入ったみかんの4皿分の個数」を乗法を用いて表そうとして,一つ分の大きさである5を先に書く場合5× 4と表す。このように乗法は,同じ数を何回も加える加法,すなわち累加の簡潔な表現とも捉えることができる。言い換えると,(一つ分の大きさ)×(幾つ分)=(幾つ分かに当たる大きさ)と捉えることができる。

学習指導要領解説では、かけ算の順序は守るよう記載されていますね。つまり、先程の保護者の訴えは棄却されたわけです。

この記載は、平成29年告示の学習指導要領解説で新しく記述されました。かけ算の順序問題について、文科省が「かけ算の順序を児童に教える必要がある」と明確にしたことがわかります。(それまでは各教員の判断に任されていました)

 

 

かけ算の順序問題(例外)

かけ算の順序を守らなくてはならないことが指導要領に記載されたので、これからは、より厳格にテストの採点が行われることになるでしょう。

授業をする方から見れば、今までは各教師に任されていた順序問題について、指導要領という後ろ盾を得たことになります。

しかし、かけ算の順序が関係ない場面もあります。

例えば、●の数を求める問題や面積を求める場合です。

下の●の数を求めるとき、

たて✕横 と考えて 5✕4 と考えるのが一般的ですね。

しかし、この問題の場合には、4✕5 という式も間違えにはなりません。なぜならば、見る方向を90度変えれば、

4✕5 になるからです。面積の場合も同様です。このような問題の場合、かけ算の順序は、成否が問われません。

 

 

外国でのかけ算の順序

今までは、かけ算の順序について、日本語で考えてきました。指導要領にも、

(一つ分の大きさ)×(幾つ分)=(幾つ分かに当たる大きさ)

と日本語でかけ算を捉えています。(当然ですが…)

しかし、かけ算の順序を英語で考えると、事情は大きく異なります。

英語では、上のみかんの数を考えるとき、

「みかん5個」が「4皿」ではなく、

「4皿」の「ケーキ5個」となり、式にすると

「 4✕5 」となるのです。

 

同じ事象なのに、言語の違いで、違う式になってしまいました。

英語圏では一般的に

(かける数)✕(かけられる数)

という順序で書くのです。

陸上競技のリレーが「4✕100mリレー」というのはそのためです。

 

 

 

日本に住む我々は、生活の基盤は日本語であり、日本語で学びます。また、新しく指導要領に記載されたことから、かけ算の順序について、正しくなければ確実にバツになります。

 

しかし、バイリンガル教育システムを導入している学校や帰国子女もしくは親が英語圏の人で家では英語で話す子など、より様々な環境下では、かけ算の順序はどのように扱われるのでしょうか。

かけ算の順序問題は、よりグローバルな視点で語られる日が来るかもしれません。

-2年生の算数, 算数の基礎, 算数雑学

執筆者:

関連記事

「相似な図形」はこれでカンペキ!相似な図形のかき方8種類!

小学校における平面図形の最後を飾るのは「相似な図形」です。「相似な図形」のかき方、全8種類について紹介します! 今回は、2倍の拡大図のかき方について説明します。 マスに注目してかく! はじめに行う相似 …

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。 これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。 それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的 …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

時刻と時間(時計の学習)教えるポイント

時計の学習は、小学1年生から始まり、3年生で終結します。 低学年の児童にとって、かなり難しい単元であり、頭を抱えたことのある保護者の方も多くいるかと思います。 そんな時計の学習について説明します。   …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …