算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数

かけ算を習う順

投稿日:2018年10月14日 更新日:

かけ算九九を習う順番について考えていきたいと思います。習う順にもちゃんと理由がありますので、小学校で習う前に九九を覚えさせたい場合には注意が必要です。

① 5の段

最初は5の段です。1年生の時から5のまとまりを意識させた授業をしてきていたり、片手の指の数が5本であったりすることから、5の段がスタートです!

5,10,15,20…

と答えだけを言わせることも大切です。また、答えを見て1の位が0か5であることにも気づかせます。5年生の分数の約分で瞬時に「5で割れる」と判断できるように素地を作っておきます。

② 2の段

2つ目は、2の段です。児童が並ぶ時に2列が多いことや「に、し、ろ、や、と」と数をかぞえた経験もあることから2の段を2番目に習います。

③ 3の段

3番目は3の段です。3は2の次だから、という簡単な理由です。油断してはならないのが「3×7」です。

「さんしち にじゅういち」を

「さんしち にじゅうはち」

と言い間違える子はクラスの2割はいます。九九の答えの一の位が1になるのはここが初めてです。近くの子が唱える3の段をなんとなく聞いてなんとなく発声してる子はだいたい躓きます。一本指を出して「いち」と言わせるなど、言葉以外のアプローチもあります。

④ 4の段

4番目は4の段です。ここで初めて素数ではない被乗数の登場です。4の段は2の段の2倍であることに気づかせたいです。(倍という言葉は未習)

4の段では「4×7」が難しいです。

「ししち」と言いにくいことや「ししち にじゅういち」と言ってしまうことがあります。

⑤ 6の段

5番目は6の段です。ここまで学習が進むとある程度かけ算に慣れて、変わりばえのしない授業に飽きてくる子もいます。

6の段以降は、今まで習った九九を使って、九九を作っていく学習になります。6の段は(3の段)+(3の段)、(2の段)+(4の段)で作ることができます。

⑥ 7の段

6番目は、九九の難関7の段です。6の段と同じように(2の段)+(5の段)、(3の段)+(4の段)で作っていきます。

「ななの段」なのに「しちいちが」と「しち」と読むことに抵抗を覚える子もいます。

7の段で難しいのが「7×4」と「7×6」です。

「しちし にじゅういち」

「しちろく しじゅうはち」

と間違って唱える子はクラスの5割と言っても過言ではないでしょう。

⑦ 8の段

7番目は九九の最難関8の段です。他の段と同じように作っていきます。8の段は「8×3」、「8×6」、「8×7」が難しいです。

「はちさん にじゅいち」

「はちろく しじゅうに」

「はちしち ごじゅうに」

と「はち」が言いにくいことで答えの語尾が曖昧になることが多くあります。7の段と8の段は何度も唱えさせるとともに書いて正確に覚えさせることが大切です。

⑧ 9の段

8番目は7,8の段に比べて簡単な9の段です。「く」と言いやすいことや答えの数字を足すと9になる(18は1+8=9,27は2+7=9)ことから躓く子はあまりいません。

手のひらを顔に向けて、左手の親指から順に折っていくと9の段の答えになるという小ネタもあります。

⑨ 1の段

最後は1の段です。1の段を最後に習うことを意外だと思う人もいるでしょう。

大人にとっては簡単そうに思える1の段ですが児童にとってはハードルが高いです。

まず、かけ算は日本では「まとまり×いくつ分」という捉え方をします。児童は1を「まとまり」と思うことに抵抗があります。

また、かけ算はたし算のお友達と捉えている子もいて、答えは式の数より多くなると思っている子もいます。そのため、「1の段はかける数が答えになる」ということに気づかせる必要があります。

九九以上のかけ算

インドでは「13×13」まで、暗唱をさせると言いますが、今現在我々が不自由に思っていないのであれば、そこまで子どもに求める必要はないかと思います。

ただし、「11×11」、「12×12」、「13×13」、「14×14」、「15×15」、「25×25」は覚えていると中学校数学でかなり楽になると思います。

 

-2年生の算数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

普遍単位による長さの比較

1年生では、任意単位による比較を行いました。2年生では普遍単位を用います。 任意単位の限界 任意単位による比較で長さを「いくつ分」で表すことが可能になりました。下のように机の縦の長さを任意単位による比 …

no image

長さの普遍単位

世界には長さの普遍単位がいくつか存在します。その普遍単位の種類と特徴について紹介します。 もくじ メートル法ヤード・ポンド法海里ネモ船長の小旅行!? メートル法 普遍単位は普遍なもので定義しなければな …

no image

長方形はいくつ??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 もくじ 問題解法①コツコツ数える解法②長方形の頂点を考える解法③コンビネーションを …

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 もくじ + の由来所説①ラテン語説所説②水樽説- の由来所説①ラテン …

no image

正方形はいくつ??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 もくじ 問題解法①コツコツ数える …