算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

6年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

だれを大会に出す?~情報整理の活用~(6年生)

投稿日:2020年3月8日 更新日:

6年生の情報を整理して活用する学習後に行うことができます。

問題:ひな、さくら、かのん の3人のうち1人だけが、ボール投げ大会に出場できます。大会では、ボールを一球投げて、遠くまで飛ばした人が優勝となります。下の表は、3人の練習におけるボールを飛ばした距離をまとめたものです。

あなたなら、だれを大会に出しますか?

 

どの値に注目するかによって、出場させたい選手は変わります。ここでは、最高記録の値(最大値)、最低記録の値(最小値)、平均値、中央値で見ていきましょう。

上の表は、児童の実態に応じて出します。資料の整理の学習後ですので、児童に数値を出させることが望ましいでしょう。

それぞれの数値を追っていくよりも、個人を追うことで、数値を複合的に見る力が養われます。

それでは、それぞれの選手について考えてみます。

ひなは、なんといっても最大値18mという魅力があります。しかし、最小値8mという危険性も無視できません。大会は一発勝負ですので、少し賭けな気もします。

さくらは、平均値が13mと最も高く、最小値も12mと高いので、大会での失速はなさそうです。優勝はないけど下位もないといったところでしょうか。

かのんは、中央値が14mと最も高く、平均値、最大値、最小値のどれも真ん中です。程よい好記録で、失敗もやや少ないといえるでしょう。しかし、ひなほどの爆発力はないですが、さくらほどの安定もありません。

 

このように、誰を選ぶかどうか正解は多様です。児童には、「中央値が…。」のように、キーワードを含めて説明ができるようにさせたいですね。

-6年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:

関連記事

no image

かたちあそび【うさぎ】

下のページで、別の問題にチャレンジしよう! 算数を究めるかたちづくり【WEB上でできるタングラムパズル】https://mathematicalpapyrus.com/かたちづくり【web上でできるタ …

no image

かたちあそび【さかな】

  下のページで、べつの問題にチャレンジしよう! 算数を究めるかたちづくり【WEB上でできるタングラムパズル】https://mathematicalpapyrus.com/かたちづくり【web上でで …

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。   A塾にとって都合の良いグラフ A塾は、合 …

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …