算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数

ひき算のパターン(9種類)

投稿日:2018年9月23日 更新日:

小学1年生のひき算について考えます。平成29年度告示算数科学習指導要領解説には「求残」、「求差」、「順序数を含む減法」、「求小」、「異種のものの数量を含む減法」の5種類が、減法が用いられる場合として記されています。このページではその5種類プラス4種類のひき算のパターンについて解説します。(このページのすべての式はa:引かれる数、b:引く数、x:求めたい数と表記します。)

考え方の違いによって、ブロック操作の仕方も変わりますので注意が必要です。

ブロック操作についてはこちらのページをご覧ください。

「求残」

「求残」とは、はじめにある数量(a)から、数量(b)を取り去ったり減少したりしたときの残りの数量の大きさ(x)を求める場合です。問題文に「食べました」や「帰りました」、「のこりはいくつ」などの言葉が出てくることが多いです。

りんごが5こあります。2こたべました。のこりはなんこですか。

「求差」

「求差」とは、2つの数量(aとb)があって、その数量の差(x)を求める場合です。問題文に「ちがいは」や「どちらが」という言葉が出てくることが多いです。

のぞみさんはりんごを5こもっています。わたるくんはりんごを2こもっています。どちらのほうが、どのくらいおおくりんごをもっていますか。

「順序数を含む減法」

ある順番から,幾つか前の順番を求める場合や,二つの順番の違いを求める場合です。

こどもが5にんならんでいます。わたるくんはまえから2ばんめです。わたるくんのうしろにはなんにんいますか。

「求小」

「求小」とは、大小2つの数量があって(aとxがあって、a>xとする)その大きい方の数量と小さい方の数量の差(a-x=b)がわかっていて小さい方の数量(x)を求める場合です。

のぞみさんはりんごを5こもっています。わたるくんのもっているりんごのかずはのぞみさんのもっているりんごのかずより2こすくないそうです。わたるくんはりんごをなんこもっていますか。

「異種のものの数量を含む減法」

「異種のものの数量を含む減法」は、異種のものの数量(aとb)を、同種のものの数量に置き換えて、二つの数量の差(x)を求める場合です。

こどもが5人います。りんごが2こあります。1人に1こずつりんごをあげると、りんごはいくつ足らないのでしょうか。

指導要領解説に挙げられている上記以外の減法が用いられる場合についても説明していきます。

「求補」

「求補」とは、2つの数量の和(x+a=b)とどちらかの数量(a)がわかっていて、もう一方の数量(x)を求める場合です。

のぞみさんとわたるくんのもっているりんごのかずをあわせると5こです。のぞみさんはりんごを3こもっています。わたるくんはりんごをなんこもっているでしょう。

「増加前推論」

「増加前推論」とは、はじめからある数量(x)に対して、増加した分の数量(a)と増加した後の数量(x+a=b)がわかっていて、はじめからある数量(x)を求める場合です。はじめからある数、つまり増加前の数を求めます。

りんごがいくつかありました。おじいちゃんが2こくれたので、りんごはぜんぶで5こになりました。はじめにりんごはなんこあったのでしょう。

「減少数推論」

「減少数推論」とは、はじめにある数量(a)と減少後の数量(b)がわかっていて、減少した数量(x)を求める場合です。減少した数を求めるので「減少数」です。

りんごが5こありました。いくつかたべたらのこりは3こでした。りんごをいくつたべたのでしょう。

「増加数推論」

「増加数推論」とは、はじめからある数量(b)と増加した後の数量(a)がわかっていて、増加した数量(x)を求める場合です。

りんごが3こあります。おじいちゃんからいくつかもらったらぜんぶで5こになりました。おじいちゃんからりんごをいくつもらったのでしょう。

次のページでは、繰り下がりのあるひき算について解説します。

具体的なブロック操作についてはこちら↓↓↓

ブロックを操作させる際の抑えたいポイント



-1年生の算数
-

執筆者:


関連記事

0のひき算を教えるときは求残?求差?

「求残」で教える 6社あるうちの5社が、「のこり」を考える求残でした。求残はブロック操作がしやすく簡単なものになります。「3-3」を例に考えてみましょう。 りんごが3こあります。3こ食べると のこりは …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

4種類のひき算のブロック操作の違い

小学1年生のひき算について指導要領解説に示される4種類について、それぞれのブロック操作の違いを説明します。児童に操作させる際には、問題場面に沿った操作を行わせる必要があります。 9種類のひき算について …

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

なかまづくり どちらがおおい?

1年生の最初に扱われる教材です。最初だからこそ、抑えるべきポイントをしっかり抑える必要があります。 1年生の算数は、大人にとっては「当たり前」なことがほとんどです。 そのため、大事なポイントを他の学年 …