算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

わり算の性質

投稿日:2018年10月3日 更新日:

4年生のわり算の学習では、わり算の性質を学びます。 わり算の性質:わる数とわられる数に同じ数をかけても、わる数とわられる数を同じ数でわっても商はかわらない この授業では、絶対に包含除の問題にしなくてはなりません。 「6÷2」、「60÷20」、「600÷200」について考えていきます。まずは包含除で考えて見ましょう。左から除数分を囲んでいくやり方です。お金で考えていくとわかりやすくなります。
上から、2円ずつ、20円ずつ、200円ずつ囲んでいきます。ここで、硬貨の枚数に注目してみましょう。どれも

6枚÷2枚

という式で表されることがわかります。よって、商が等しくなります。同様に「30÷10」について考えてみましょう。同じようにお金で考えて、
と考えると「6÷2」になります。このようにして、わり算の性質に迫っていきます。

等分除では…

次に等分除で考えていきます。「6÷2」を1円玉で考えると、
となります。「60÷20」は、
これを20こに分けなくてはなりません。できませんね。つまり、等分除では「10のまとまり」で考えることができないのです。 このように、教える側は、教える内容が、等分除と包含除のどちらが適していのか考え、適切な方を選択しないと、児童の理解を妨げてしまうことになります。   等分除と包含除の違いがあいまいな方はこちら↓↓ 等分除と包含除の簡単な見分け方

-4年生の算数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小数(1より小さい数)の基礎基本

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。 もくじ 1より小さい数の表記法ローマ数字による1より小さい数の表し方漢数字による1より …

0.1って何?

小数の基礎となる「0.1」について、簡単な動画にしてみました。 小数について解説したページはこちら↓ 小数の基礎基本 おまけ↓ 小数ゲーム

no image

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

長方形の面積の公式を言える人は多くいると思います。しかし、実は間違った意味で覚えている人も多くいます。このページでは、実は間違って理解している面積の公式について説明をします。 もくじ 長方形の面積の求 …

世界のわり算の筆算

世界中には様々なわり算の筆算のやり方があります。世界中のわり算の筆算を知ることで、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットが見えてきます。最初にメキシコから見ていきましょう。 もくじ メキシコのわり算 …

no image

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …