算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 6年生の算数 算数の基礎

わり算の性質を理解させる方法

投稿日:2019年10月24日 更新日:

わり算には、割る数(除数)と割られる数(被除数)を同じ数でかけたり、わったりしても答え(商)は変わらないという性質があります。

お金で考えるとわかりやすく、

6÷2は

60÷20は、

600÷200は、

と、どれも、硬貨6枚を2枚ずつ分ける という考えになり、6÷2 という簡単な計算でできます。

 

 

次に、30÷10 について、五円玉硬貨が何枚あるかで考えてみましょう。

式は、またもや 6÷2 になります。

この問題を経て、児童が、「硬貨(○円玉)じゃなくてもできないかな?」と思考を発展させたいです。例えば、42÷14だったら、除数と被除数を7で割って、6÷2 といった具合です。(もちろん4や12で割っても構いません)

 

理解が難しい児童には、7円玉で考えさせて、

とすると、わかりやすいでしょう。

 

そして、この学習は、6年生の「分数の約分」に繋がります。4年生の段階で、わり算の性質について理解ができていれば、苦手な児童の多い約分もこわくありません!

約分に大切な割り切れる数の見つけ方も参考にしてください。↓↓

割り切れる数を探そう!

-4年生の算数, 6年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

小1担任ならフォントに気をつかうべし!

小学校1年生では、これからの学習の基礎となる基本的なことを学習します。 その中でも、最も基礎となる学習が「文字」の学習です。 特に、「数字」は、フォントによって形が大きく異なります。 下の数字を見てく …

速さや濃度の公式は覚える必要はない!①

算数の学習では、多くの公式が出てきます。本当に覚えることが必要な公式でしょうか。もちろん大切なもの、仕組みを理解するのは小学生には難しいものもあります。しかし、中には公式を覚える必要のないものもありま …

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

連続量は、外延量と内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓ 分離量と連続量の意味と違いを知っていますか? 外延量 外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。 長さ:3 …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。 これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。 それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的 …