算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 6年生の算数 算数の基礎

わり算の性質を理解させる方法

投稿日:2019年10月24日 更新日:

わり算には、割る数(除数)と割られる数(被除数)を同じ数でかけたり、わったりしても答え(商)は変わらないという性質があります。

お金で考えるとわかりやすく、

6÷2は

60÷20は、

600÷200は、

と、どれも、硬貨6枚を2枚ずつ分ける という考えになり、6÷2 という簡単な計算でできます。

 

 

次に、30÷10 について、五円玉硬貨が何枚あるかで考えてみましょう。

式は、またもや 6÷2 になります。

この問題を経て、児童が、「硬貨(○円玉)じゃなくてもできないかな?」と思考を発展させたいです。例えば、42÷14だったら、除数と被除数を7で割って、6÷2 といった具合です。(もちろん4や12で割っても構いません)

 

理解が難しい児童には、7円玉で考えさせて、

とすると、わかりやすいでしょう。

 

そして、この学習は、6年生の「分数の約分」に繋がります。4年生の段階で、わり算の性質について理解ができていれば、苦手な児童の多い約分もこわくありません!

約分に大切な割り切れる数の見つけ方も参考にしてください。↓↓

割り切れる数を探そう!

-4年生の算数, 6年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

数字の書き方

小学校1年生で習う数字ですが、小学校入学前に、数字を書ける子が多くいる一方で、間違えた書き方(間違いとは言えないまでも正しくない書き方)で覚えてしまっている子も多くいます。 もちろん、該当の数として認 …

竹尺(竹の定規)を買わなきゃいけないの!?竹尺を使う3つの理由

2年生の普遍単位の学習では、児童が待ちに待っていた定規を使う学習が始まります。 新年度が始まると、すぐに竹の定規(竹尺)の購入のお知らせがあることでしょう。   そして、多くの保護者が、 「 …

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …

驚きの面積の求め方!ピックの定理

面積を求めるには様々な公式がありますね。今回は、数多ある求積法の中でも、シンプル&驚きのピックの定理について紹介します。     ピックの定理とは… ピックの定理が使える条件は、 ・すべての辺が直線で …