算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

わり算の筆算はどうして他と形が違うの?

投稿日:2018年10月15日 更新日:

わり算の筆算は、たし算、ひき算、かけ算の筆算とは違う書き方をします。なぜ、違う書き方なのでしょうか。授業をするときのポイントと合わせて解説します。

まずやらせてみる

「96÷3」を筆算で計算しましょう。この時に、「わり算の筆算はこうやります。」とやり方を教えてはいけません。まずは子どもの考えるままにやらせてみます。ほとんどの子が、たし算やかけ算の筆算のような筆算を書きます。それでも、そのままやらせてみます。するとどうでしょう。

解けちゃいましたね。では、わり算の筆算もたし算やかけ算の筆算と同じようにできるのでしょうか。

「困った」を感じさせる

次に「45÷3」を筆算で計算しましょう。先程と同じようにやると下のようになります。

困ってしまいましたね。この「困った」を子どもに感じさせることで、わり算の筆算の書き方は他の筆算とは違うということを強く印象付けることができます。

どうして他と違う筆算の形なのか

たし算、ひき算、かけ算の筆算(計算)は小さい位から計算を進めていきます。一方、わり算は大きい位から計算をします。そのため、わられる数の1番大きな位の左隣にわら数がくる筆算の形が適しているのです。

大きな位から分ける

上で説明したように、わり算は大きい位から計算をします。これは日常生活でも無意識に行なっていることです。下のまんじゅうを2人で分けることを考えてみましょう。

普通、最初に、箱に入っているまんじゅうを箱のまま配りますよね。まさか箱から全てバラして配る人はいないと思います。

このように日常生活では大きい位から分けることが自然です。ですから、わり算の計算も大きい位から計算していけばよいのです。

こちらのページもぜひご覧ください。

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

わり算の種類(等分除と包含除)についてはこちら↓↓

わり算(除法)の種類 包含除と等分除

わり算の性質についてはこちら↓↓

包含除と等分除の使い分け

-4年生の算数
-

執筆者:


関連記事

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に 商の立て間違い です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。 ここで …

「計算のきまり」を理解させる方法

交換法則や結合法則、分配法則は、4年生で学習します。4年生の子どもにとって、式変形はとても難易度が高く、全く理解できない子も少なくありません。 小学校段階では、式変形の結果に注目するよりも、なぜその式 …

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …