算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

投稿日:2018年10月16日 更新日:

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。

わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。

教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。しかし、

ほとんどの教科書で、わり算の筆算の学習時に「概数」は未習です。

「おおよその答えを求める」という「概数」の学習を行っていない児童に「おおよその商を予測する」ことを求めているのです。

計画的に、単元計画を見直し、「わり算の筆算」の学習の前に「概数」の学習をするべきです。

こちらも参考にしてください↓↓

わり算の筆算はどうして他と形が違うの?

包含除と等分除の使い分け

わり算(除法)の種類 包含除と等分除

-4年生の算数
-

執筆者:


  1. […] わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない! […]

  2. […] わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない! […]

関連記事

魅力的なパンフレットを作ろう!~グラフの応用~

問題:あなたは「究塾」という塾から、「塾生を集めるためのパンフレットに使うグラフを、作ってほしい」と頼まれました。 究塾の過去の合格者数は下の表のとおりです。 あなたなら、どのようなグラフを作りますか …

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。

小数(1より小さい数)の基礎基本

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。 1より小さい数の表記法 ローマ数字による1より小さい数の表し方 ローマ数字には0を表す …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …