算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

3年生の算数

わり算(除法)の種類 包含除と等分除

投稿日:2018年10月1日 更新日:

わり算には「包含除」と「等分除」があります。この区別をしっかりと教えなくてはなりません。しかし、なんとなくしかわからない方も多いと思います。包含除と等分除の違いと区別をわかりやすく説明していきます。

まず、下のりんごを使って「6÷3」を絵で表してみましょう。

2種類の絵が描けますか?

包含除

上のように、6このりんごを3こずつ包んでいくのが包含除です。絵や図では、左から除数分ずつ囲んでいきます。

「りんごが6こあります。1人に3こずつ配ると何人に分けられますか。」

「32人の子どもを4人ずつのグループに分けます。いくつのグループに分けられますか。」

というような問題です。わる数(除数)とわられる数(被除数)の単位が必ず同じになります。商を□として、かけ算の式で表すと、

と、かける数(乗数)が□になります。

等分除

上のように、6このりんごを3人に配っていくのが等分除です。1人分がわからないので、左から囲んでいくことはできません。正確には下のように左から配っていく絵になります。

「トランプ52枚を4人で同じ数ずつ分けます。1人何枚のトランプをもらいますか。」

「32人の子どもを4台の車に、同じ人数になるように乗せます。1台に何人乗りますか。」

という問題です。除数と被除数の単位が異なることがほとんどで、問題文に「同じ数ずつ」という言葉がでてきます。商を□としてかけ算の式に表すと、

と、かけられる数(被乗数)が□になります。

包含除と等分除の違いがわかりましたか?絵で表すと1番左のリンゴと2番目のリンゴが同じ人のものになるなら包含除、別の人のものになるなら等分除という見分け方もできます。

等分除と包含除の考えは必要か

日常生活ではわり算の違いは意識しませんね。児童にとっても「等分除だからこの解き方」というような使い分けもないため、必要性はほぼないと言えるでしょう。

「等分除・包含除の違いを理解すべきである」という指導ではなく、「なんとなくわり算は2種類あるんだなぁ」程度の理解でよいと思います。

しかし、教える立場にある教員は違います。きちんと違いを把握していないと思わぬところで授業が成り立たなくなります。

詳しくは、4年生「わり算の性質」で説明します。

-3年生の算数
-

執筆者:


  1. […] この授業では、絶対に包含除の問題にしなくてはなりません。 […]

  2. […] 等分除と包含除の違い・見分け方 […]

  3. […] 等分除と包含除の違い・見分け方 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

正方形はいくつ??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 もくじ 問題解法①コツコツ数える …

小数(1より小さい数)の基礎基本

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。 もくじ 1より小さい数の表記法ローマ数字による1より小さい数の表し方漢数字による1より …

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 もくじ + の由来所説①ラテン語説所説②水樽説- の由来所説①ラテン …

0.1って何?

小数の基礎となる「0.1」について、簡単な動画にしてみました。 小数について解説したページはこちら↓ 小数の基礎基本 おまけ↓ 小数ゲーム

no image

長方形はいくつ??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 もくじ 問題解法①コツコツ数える解法②長方形の頂点を考える解法③コンビネーションを …