算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

投稿日:2019年8月17日 更新日:

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。

「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業になるかと思います。ぜひ、授業で扱ってみてください。

 

問題

 

 

解法

男子にはとおるくんが得をするように、女子にはのぞみさんが得をするように「相手を説得しよう!」と投げかけると、解法が広がり、思考が深まるでしょう!

解法① とおるが得をする考え

解法② のぞみが得をする考え

解法③ 折衷案的な考え

 

 

このように、同じ問題でも、いくつかの答えが出てきますね。「自分がより得をするためにはどうするのか」を考えることはとても楽しく、有意義な学習です。

算数的ではありませんが、以下のようなおもしろい考えも出てくるかもしれません。

解法④ ずるい考え

解法⑤ 男前な考え

「男らしく」は人権的にアウトかもしれませんが…。

どの解法であっても、きちんと筋道を立てて考えられており、論理の組み立てができていれば、認めるべきでしょう。

-4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:

関連記事

速さや濃度の公式は覚える必要はない!①

算数の学習では、多くの公式が出てきます。本当に覚えることが必要な公式でしょうか。もちろん大切なもの、仕組みを理解するのは小学生には難しいものもあります。しかし、中には公式を覚える必要のないものもありま …

算数心理マジック

算数における心理マジックを行いたいと思います。下の式になるように、問題文を作ります。 下の中から一つずつ単語を選んで問題を作ってください。 ペンキ ・ りんご ・ ロープ ・ ヘビ あなたは、何を選び …

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

長方形の面積の公式を言える人は多くいると思います。しかし、実は間違った意味で覚えている人も多くいます。このページでは、実は間違って理解している面積の公式について説明をします。 長方形の面積の求め方は? …