算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数

ブロックを操作させる際の抑えたいポイント

投稿日:2018年9月24日 更新日:

小学1年生の算数において、ブロック操作は欠かせません。このページではブロックについて考えていきたいと思います。

なぜブロックを使うのか?

低学年の算数では「まとまり」を意識することが非常に大切なことです。この「まとまり」は「5のまとまり」と「10のまとまり」を意識させればいいでしょう。(これは十進位取り記数法に関係しています。)例えば、8を半具体物で表すと下のようになります。

数え棒では下のように瞬時に5のまとまりなのか6のまとまりなのかわかりにくいですね。

6のまとまりを作ってしまった場合、数え棒では6こあることに気付きにくいですね。

おはじきでもいいように思えますが、四角いブロックの方が「まとまり」が意識されやすいです。数字が大きくなったときに十進位取り記数法や面積の考えへと発展しやすくなります。

ブロックの並べ方

上でも触れましたが、「まとまり」を意識することが非常に大切です。8を表すときに、5のまとまりを意識して置くようにさせましょう。

子どもが半具体物をばらばらに置いたり、一直線に並べているときは「先生が一目見て数がわかるように」と声をかけたほうがいいでしょう。

2年生のかけ算では、5の段をはじめに学習することからも「5のまとまり」が大切であることがわかります。

計算とブロック

それでは、計算におけるブロック操作について考えていきます。上でも書いたようにブロック操作では「まとまり」を意識させることが非常に大切です。もちろん、ブロックをバラバラに置く操作でも解は出ます。

「りんごが2ことオレンジが3こあります。りんごとオレンジはあわせてなんこでしょう。」という問題のとき、ブロックがバラバラでも全てを数えることで答えは出せます。

しかし、まとまりを意識しないと「繰り上がりのあるたし算」と「繰り下がりのあるひき算」の計算で行き詰まります。

まず、繰り上がりのあるたし算では「9+3」のように被加数の方が大きい計算を扱います。これは、10進位取り記数法では、大きな位が左にくることから、10のまとまりを左に作る方が児童の思考が自然だからです。

どちらも13ですが、左の方が自然です。

そして、この考えはブロックで10のまとまりを作ることが定着していなければ絶対にできません。

繰り下がりのあるひき算におけるブロック操作

繰り下がりのあるひき算において「10から□もらってきて」という考えはブロックを10のまとまりとして置くことができてこその発想です。「12-3」をブロック操作で考えてみましょう。

ブロックがばらばらでも、数えることで答えはでます。
10のまとまりを作ることにより、10を崩す(10からもらう)考えがうまれます。

上のように、ばらから先に取るの (減々法) か、10のまとまりから先に取るの(減加法)かは別のページにて説明をします。繰り下がりのあるひき算のブロック操作では下のようなブロックの取り方はさせないようにしましょう。

「11-3」のブロック操作

上のやり方では、5のまとまりまで崩してしまっています。10のまとまりを崩しても、5のまとまりは崩さないようにブロックを取ります。

このように、ブロックは算数の基礎的な考えである「まとまりを作る」思考の補助として、とても有意義です。

  繰り上がりのあるたし算についてはこちら↓↓↓

繰り下がりのあるひき算についてはこちら↓↓↓

-1年生の算数
-,

執筆者:


  1. […] 小学1年生のたし算について考えます。考え方の違いによって、ブロック操作の仕方も変わりますので注意が必要です。学習指導要領では、「加法が用いられる場面」として「合併」、「増加」、「順序数を含む加法 」の3種類が挙げられています。(このページの式は全てa+b=xで表します。) […]

  2. […] 小学1年生のひき算について考えます。考え方の違いによって、ブロック操作の仕方も変わりますので注意が必要です。学習指導要領には「求残」、「求差」、「順序数を含む減法」の3種類が減法が用いられる場合として記されています。(このページのすべての式はa-b=xとなります。) […]

  3. […] ブロックを操作させる際の抑えたいポイント […]

  4. […] ブロックを操作させる際の抑えたいポイント […]

  5. […] ブロックを操作させる際の抑えたいポイント […]

  6. […] 算数を究める2018.09.24ブロックを操作させる際の抑えたいポイントhttps://math… […]

関連記事

ひき算のパターン(9種類)

小学1年生のひき算について考えます。平成29年度告示算数科学習指導要領解説には「求残」、「求差」、「順序数を含む減法」、「求小」、「異種のものの数量を含む減法」の5種類が、減法が用いられる場合として記 …

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

0のたし算ひき算を教えるポイント

大人にとっては簡単で、当たり前だと思われる0のたし算ひき算ですが、意外と躓きポイントは多くあります。児童の躓きを事前に知り、指導に役立ててください。 2+0=20? 2+0=20な訳ないじゃないか!と …

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

量は、分離量と連続量に分けられます。この2つを意識して授業を行わないとと児童の混乱を招きます。 量とは… そもそも量とは何でしょうか。量と数(すう)の違いは? 簡単に言うと、量は数(すう)に単位がつい …

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …