算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 単発授業

三角定規2枚で作ることのできる角度

投稿日:

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。

角をそのまま使って

まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。

それでは、三角定規を組み合わせて角を作ってみましょう。

三角定規を合わせて角を作る

30度+45度で75度ができました。

60度+45度で105度

180度-60度=120度

180度-45度で135度

180度-30度=150度

ここまでは、簡単に作ることができると思います。

難問 15度の角

難しいのは、15度 です。

三角定規を重ねてよしとすれば、下のように、

45度-30度で15度を作ることができます。

では、三角定規を重ねないで15度を作ることができるでしょうか。実は、定規を使って線を引けば三角定規を重ねなくても、15度を作ることができます。

上のように、三角定規を2つ合わせた四角形の辺を伸ばしてできた角は15度になります。

165度は、三角定規を重ねないと作ることができません。難しいですが、重ねて作った15度を使います。

180度-15度で165度

このように、0度から180度まで、15度おきに角を作ることができます。

180度より大きい角

次に、180度より角度が大きくなる角の作り方を見ていきましょう。

180度+30度で210度

180度+45度で225度

180度+60度で240度

360度-(60度+45度)で255度

360度-90度で270度

360度-(45度+30度)で285度

360度-60度で300度

360度-45度で315度

360度-30度=330度

三角定規を重ねれば、下のように195度と345度を作ることができます。

180度+15度で195度

360度-15度で345度

 

これで、195度から345度までの角を作ることができました。

-4年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …

小数(1より小さい数)の基礎基本

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。 1より小さい数の表記法 ローマ数字による1より小さい数の表し方 ローマ数字には0を表す …

絶対に解けない!?面積の問題

早速ですが、下の四角形の面積はいくつですか? 3×5=15   答え15㎠ と考えたあなたは不正解です。 なぜならば上の四角形は長方形ではないからです。 ・問題文中に長方形と書いてある ・3つ以上の角 …

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

no image

三角定規2枚を重ねないで、15度を作れ!

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、15度を作ってください。 三角定規を重ねれば、下のように簡単に15度を作ることができます。 では、重ねないで15度を作る方法を考えてください! ただし、定規で線を引い …