算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 単発授業

三角定規2枚で作ることのできる角度

投稿日:

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。

角をそのまま使って

まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。

それでは、三角定規を組み合わせて角を作ってみましょう。

三角定規を合わせて角を作る

30度+45度で75度ができました。

60度+45度で105度

180度-60度=120度

180度-45度で135度

180度-30度=150度

ここまでは、簡単に作ることができると思います。

難問 15度の角

難しいのは、15度 です。

三角定規を重ねてよしとすれば、下のように、

45度-30度で15度を作ることができます。

では、三角定規を重ねないで15度を作ることができるでしょうか。実は、定規を使って線を引けば三角定規を重ねなくても、15度を作ることができます。

上のように、三角定規を2つ合わせた四角形の辺を伸ばしてできた角は15度になります。

165度は、三角定規を重ねないと作ることができません。難しいですが、重ねて作った15度を使います。

180度-15度で165度

このように、0度から180度まで、15度おきに角を作ることができます。

180度より大きい角

次に、180度より角度が大きくなる角の作り方を見ていきましょう。

180度+30度で210度

180度+45度で225度

180度+60度で240度

360度-(60度+45度)で255度

360度-90度で270度

360度-(45度+30度)で285度

360度-60度で300度

360度-45度で315度

360度-30度=330度

三角定規を重ねれば、下のように195度と345度を作ることができます。

180度+15度で195度

360度-15度で345度

 

これで、195度から345度までの角を作ることができました。

-4年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に 商の立て間違い です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。 ここで …

輪を切るとどうなる?パターン①(4年生以上)

短冊状の紙を用意するだけで、ほぼ準備のいらない授業です。児童の活動も多く、話し合いも活発になるため、授業参観におすすめです。保護者も結果に驚きです! 導入 本時の学習につながる簡単な問題を提示する。 …

わり算の筆算はどうして他と形が違うの?

わり算の筆算は、たし算、ひき算、かけ算の筆算とは違う書き方をします。なぜ、違う書き方なのでしょうか。授業をするときのポイントと合わせて解説します。 まずやらせてみる 「96÷3」を筆算で計算しましょう …

驚きの面積の求め方!ピックの定理

面積を求めるには様々な公式がありますね。今回は、数多ある求積法の中でも、シンプル&驚きのピックの定理について紹介します。     ピックの定理とは… ピックの定理が使える条件は、 ・すべての辺が直線で …

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …