算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 単発授業

三角定規2枚で作ることのできる角度

投稿日:

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。

角をそのまま使って

まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。

それでは、三角定規を組み合わせて角を作ってみましょう。

三角定規を合わせて角を作る

30度+45度で75度ができました。

60度+45度で105度

180度-60度=120度

180度-45度で135度

180度-30度=150度

ここまでは、簡単に作ることができると思います。

難問 15度の角

難しいのは、15度 です。

三角定規を重ねてよしとすれば、下のように、

45度-30度で15度を作ることができます。

では、三角定規を重ねないで15度を作ることができるでしょうか。実は、定規を使って線を引けば三角定規を重ねなくても、15度を作ることができます。

上のように、三角定規を2つ合わせた四角形の辺を伸ばしてできた角は15度になります。

165度は、三角定規を重ねないと作ることができません。難しいですが、重ねて作った15度を使います。

180度-15度で165度

このように、0度から180度まで、15度おきに角を作ることができます。

180度より大きい角

次に、180度より角度が大きくなる角の作り方を見ていきましょう。

180度+30度で210度

180度+45度で225度

180度+60度で240度

360度-(60度+45度)で255度

360度-90度で270度

360度-(45度+30度)で285度

360度-60度で300度

360度-45度で315度

360度-30度=330度

三角定規を重ねれば、下のように195度と345度を作ることができます。

180度+15度で195度

360度-15度で345度

 

これで、195度から345度までの角を作ることができました。

-4年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。   A塾にとって都合の良いグラフ A塾は、合格者数が減 …

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …

no image

多くの教師が失敗する角柱の体積の求め方

角柱の体積の求め方を考える授業では、絶対に授業者が忘れてはならない大前提の考えがあります。それは、 角柱の体積は、底面積×高さ で求められるかどうかは、まだわからない ということです。 角柱の体積の求 …

「計算のきまり」を理解させる方法

交換法則や結合法則、分配法則は、4年生で学習します。4年生の子どもにとって、式変形はとても難易度が高く、全く理解できない子も少なくありません。 小学校段階では、式変形の結果に注目するよりも、なぜその式 …