算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数

三角形の面積の公式の導き方(8種類)

投稿日:2019年10月3日 更新日:

三角形の面積の公式

「底辺✕高さ÷2」

を導く考え方について説明します。

学習指導要領には、面積の公式の導き方として、以下の三点が挙げられています。

① 図形の一部を移動して,計算による求積が可能な図形に等積変形する考え

② 既習の計算による求積が可能な図形の半分の面積であるとみる考え

③ 既習の計算による求積が可能な図形に分割する考え

一つのやり方で公式として認めるのではなく、いくつかのやり方を考えて、

「やっぱり、三角形の面積の公式は、底辺✕高さ÷2だ!」と帰納的に導くことが求められています。

では、具体的にどのように公式を導くのかを考えていきましょう。

ここでは、平行四辺形の公式を習った後に、三角形の公式について考える流れで示してあります。

 

 

①図形の一部を移動して,計算による求積が可能な図形に等積変形する考え

等積変形とは、面積が変わらないように図形の形を変えることです。この考えでは、面積を求めることができる形に変えることで面積を求めます。

・中点を結ぶ線で切り、移動し平行四辺形にする

・中点を結ぶ線と頂点から下ろした垂線で切り、移動し長方形にする

・中点から下ろした垂線で切り、移動し長方形にする

・平行な直線をもとに、高さを一定のまま直角三角形にする

(直角三角形は長方形の半分であることを抑えたうえで)

 

 

②既習の計算による求積が可能な図形の半分の面積であるとみる考え

・直角三角形は長方形の半分であることを使う

・同じ形の三角形を2個つけて平行四辺形にする

③既習の計算による求積が可能な図形に分割する考え

・2つの直角三角形にわける

(直角三角形は長方形の半分であることを抑えたうえで)

 

 

 

④その他の導き方

指導要領には、公式の導き方について上記の3つの考えが載っていますが、「図形を全て囲む長方形を考え、そこから不要な部分を抜く」という考えもあります。

・長方形から2つの直角三角形を抜く

 

 

 

これら上記の導き方について、全てを考えさせる必要はありませんが、偏った考えのみで導くこともよくありません。

いくつかのやり方を考えて、

「やっぱり、三角形の面積の公式は、底辺✕高さ÷2だ!」と帰納的に導くことが求められています。

他の図形についても、同じように公式が導き出せるのか、関連付けながら考えることが必要です。

-5年生の算数

執筆者:

関連記事

答えが複数ある問題 ~算数で得をしよう!~

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 もくじ 問題「混んでいる」とはどういうこと …

速さや濃度の公式は覚える必要はない!①

算数の学習では、多くの公式が出てきます。本当に覚えることが必要な公式でしょうか。もちろん大切なもの、仕組みを理解するのは小学生には難しいものもあります。しかし、中には公式を覚える必要のないものもありま …

分割分数と量分数の意味と違いを知っていますか?

分数には「分割分数」と「量分数」があります。この2つの分数を使い分けないととんでもない誤解に繋がります。 もくじ 分割分数量分数分割分数と量分数の違い 分割分数 小学1年生では「はんぶん」という言葉つ …

三角形の内角の和を帰納的&演繹的に求める方法

三角形の内角の和が180°であることを導くには多くの場合、帰納的に考えます。ここではその帰納的な考え方とともに、三角形の内角の和を演繹的に考える方法も解説します。 もくじ 帰納的①:角度をはかる帰納的 …