算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 算数雑学

世界のわり算の筆算4種類!メリット&デメリット

投稿日:2019年1月6日 更新日:

世界中には様々なわり算の筆算のやり方があります。世界中のわり算の筆算を知ることで、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットが見えてきます。最初にメキシコから見ていきましょう。

メキシコのわり算

メキシコのわり算の筆算は日本ととても似ています。メキシコは、かける数と商のかけ算を書きません。(上では4×3=12と4×7=28)暗算が増える分、日本よりも少し難しいかもしれませんが、全体としてすっきりしています。次はフランスです。

フランスのわり算

フランスは日本とはだいぶ形が違います。書く量は変わらず、場所だけが違うことがわかります。演算記号の「-」を書くことも特徴です。次はオランダです。

オランダのわり算

オランダは日本と形が似ています。商を書く場所が日本は除数の上なのに対し、除数の右に書きます。最後に中南米です。

中南米のわり算

中南米は、式の形をいかして筆算が行われます。だいぶすっきりした形です。

以上のように、世界中でわり算の筆算の形が違うことが分かったと思います。次に、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットを見ていこうと思います。

日本のわり算の筆算のメリット・デメリット

メリット:わり算は大きな位から割っていく

わり算は、他の演算と異なり、大きな位から計算を進めていきます。詳しくはこちら↓↓

そのため、わられる数の左側にわる数があった方が、わる数がわられる数の大きいくらいのすぐ近くにくるため、間違えが減ります。

デメリット:商を書く位置

実際に子どもにわり算の筆算をさせると、ノートがごちゃごちゃになってしまうのを見たことがある人は多いかと思います。日本のわり算の筆算は商を、わられる数の上に書くため、前にやった筆算とくっついてしまうことが多くあります。日本のわり算の筆算を書かせるときには、前の問題と十分に間をあけることをよく言い聞かせることが大切です。

こちらのページもわり算について解説しています。ぜひご覧ください。

わり算の種類(等分除と包含除)についてはこちら↓↓

わり算の性質についてはこちら↓↓

-4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …

速さや濃度の公式は覚える必要はない!①

算数の学習では、多くの公式が出てきます。本当に覚えることが必要な公式でしょうか。もちろん大切なもの、仕組みを理解するのは小学生には難しいものもあります。しかし、中には公式を覚える必要のないものもありま …

単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k,d??)

算数で最も欠かせないものは「量」である。といっても過言ではありません。 量について及び普遍単位についてはこちらのページを参照してください! 数と量って違うの? 普遍単位による長さの比較 ここで扱う「単 …

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

0.1って何?

小数の基礎となる「0.1」について、簡単な動画にしてみました。 小数について解説したページはこちら↓ 小数(1より小さい数)の基礎基本 おまけ↓ 小数ゲーム