算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 算数雑学

世界のわり算の筆算4種類!メリット&デメリット

投稿日:2019年1月6日 更新日:

世界中には様々なわり算の筆算のやり方があります。世界中のわり算の筆算を知ることで、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットが見えてきます。最初にメキシコから見ていきましょう。

メキシコのわり算

メキシコのわり算の筆算は日本ととても似ています。メキシコは、かける数と商のかけ算を書きません。(上では4×3=12と4×7=28)暗算が増える分、日本よりも少し難しいかもしれませんが、全体としてすっきりしています。次はフランスです。

フランスのわり算

フランスは日本とはだいぶ形が違います。書く量は変わらず、場所だけが違うことがわかります。演算記号の「-」を書くことも特徴です。次はオランダです。

オランダのわり算

オランダは日本と形が似ています。商を書く場所が日本は除数の上なのに対し、除数の右に書きます。最後に中南米です。

中南米のわり算

中南米は、式の形をいかして筆算が行われます。だいぶすっきりした形です。

以上のように、世界中でわり算の筆算の形が違うことが分かったと思います。次に、日本のわり算の筆算のメリット・デメリットを見ていこうと思います。

日本のわり算の筆算のメリット・デメリット

メリット:わり算は大きな位から割っていく

わり算は、他の演算と異なり、大きな位から計算を進めていきます。詳しくはこちら↓↓

そのため、わられる数の左側にわる数があった方が、わる数がわられる数の大きいくらいのすぐ近くにくるため、間違えが減ります。

デメリット:商を書く位置

実際に子どもにわり算の筆算をさせると、ノートがごちゃごちゃになってしまうのを見たことがある人は多いかと思います。日本のわり算の筆算は商を、わられる数の上に書くため、前にやった筆算とくっついてしまうことが多くあります。日本のわり算の筆算を書かせるときには、前の問題と十分に間をあけることをよく言い聞かせることが大切です。

こちらのページもわり算について解説しています。ぜひご覧ください。

わり算の種類(等分除と包含除)についてはこちら↓↓

わり算の性質についてはこちら↓↓

-4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 算数雑学

執筆者:


関連記事

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …

漢字で表される単位の秘密

mやkgなど、SI基本単位やSI接頭語は漢字一文字で表されることもあります。SI接頭語と漢字は意外と相性がいいみたいです。 基本的な単位についての解説はこちら↓ 単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …