算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 算数雑学

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

投稿日:2019年8月29日 更新日:

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に

商の立て間違い

です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。

ここでは、商を立て間違えても答えを出すことができる「積み上げわり算」について紹介します。

 

 

わり算の筆算では、通常、あまりが除数より大きくなってしまったら、商を立て直します。しかし、積み上げわり算では、気にせずそのまま続けていきます。

下がそのやり方です。

もちろん、最後の最後はあまりは除数より小さくなります。逆に言えば、あまりが除数より小さくなるまで(0以下は論外)、どんな数でも商を立て続ければ、最後にすべての商をたすことで解を出すことができるのです。

ぜひ、わり算の筆算が苦手、商を立てるのことが苦手というお子さんに教えてみてください。

 

 

-4年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3種類が主なものです。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイン …

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …

答えが複数ある問題 ~算数で得をしよう!~

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …