算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 算数雑学

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

投稿日:2019年8月29日 更新日:

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に

商の立て間違い

です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。

ここでは、商を立て間違えても答えを出すことができる「積み上げわり算」について紹介します。

 

 

わり算の筆算では、通常、あまりが除数より大きくなってしまったら、商を立て直します。しかし、積み上げわり算では、気にせずそのまま続けていきます。

下がそのやり方です。

もちろん、最後の最後はあまりは除数より小さくなります。逆に言えば、あまりが除数より小さくなるまで(0以下は論外)、どんな数でも商を立て続ければ、最後にすべての商をたすことで解を出すことができるのです。

ぜひ、わり算の筆算が苦手、商を立てるのことが苦手というお子さんに教えてみてください。

 

 

-4年生の算数, 算数雑学

執筆者:

関連記事

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …

算数の文章題は、7つのポイントで楽勝!

先に言ってしまうと、文章題を解くための7つのポイントは、 文章の量は、ヒントの量だ! 問題にツッコミをいれろ! 問題を先読みしろ! 聞かれていることを把握しろ! とりあえず絵を描け! 問題を作っている …

わり算の筆算を間違えるのは子どものせいじゃない!

算数の授業を、教科書の順番の通りにやっている教師の方は注意が必要です。 わり算の筆算では「商を立てる」ことが重要です。 教科書にも「おおよその商を予測して、立てましょう。」という一文が載っています。し …

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …