算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数の基礎 算数雑学

図は「書く?」「描く?」「画く?」

投稿日:2019年11月6日 更新日:

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか??

一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。

そもそも「図」とは…

図といっても、線分図や数直線、アレイ図といった「図」もあれば、三角形や四角形などの「図形」もありますね。goo辞書によると、

図とは、点・線・面が集まって一つの形を構成しているもの。図形。

と記載されていました。つまり、線分図などの「図」と三角形なの「図形」は同じ用法として載っています。

感覚としては、少し違うというイメージがありますが…。

それでは、「図(図形)をかく」について考えてみましょう。

学習指導要領によると…

図をかく方法を…

図形をかく

グラフをかく

など、平仮名で表記されています。何だかうまくかわされた感じですね…。

大辞林によると…

(書く)文字や符号をしるす。「持ち物に名前を―・く」
(書く)文章を作る。著す。また、著作する。「日記を―・く」「本を―・く」
(描く・画く)絵・模様や図をえがく。「眉を―・く」「グラフを―・く」

とあります。大辞林では、図を「描く」もしくは「画く」のようですね。この2つは同義として書かれています。

英訳では…

Google翻訳で「図をかく」を英訳すると「Draw a picture」となりました。

Draw は、「~を引く ~を描く、描画する」という意味があるようです。「書く」は「write」です。つまり、英語でも、図を「描く」もしくは「画く」のようです。

ここで、おもしろい発見がありました。

「図」ではなく、「図形」で調べてみました。

「図形を描く」を英訳すると「Draw a shape」ですが、

「図形を画く」を英訳すると「Draw a figure」となりました!

そこが変わるんかい!!ってツッコミを入れたくなりますよね。

pictureは、「写真、絵」という意味で、

shape は、「形、形状、状態」という意味、

figureは、「姿、容姿、体型、人物、図」という意味らしいです。

こう聞くと、「描く」よりも、「画く」の方が適しているように感じます。

「画く」は常用外漢字です。ですから、学習指導要領はうまく誤魔化していたのではなく、常用外漢字である「画く」を使わずに「かく」と平仮名表記にしたのではないでしょうか。

結論:図形は「画く」!

でいいんですかね???

-算数の基礎, 算数雑学

執筆者:

関連記事

「計算のきまり」を理解させる方法

交換法則や結合法則、分配法則は、4年生で学習します。4年生の子どもにとって、式変形はとても難易度が高く、全く理解できない子も少なくありません。 小学校段階では、式変形の結果に注目するよりも、なぜその式 …

質問と発問の違い

授業(特に指導案)では「発問」という言葉が頻出します。日常生活では「発問」という言葉はあまり使わず馴染みがなく、「質問」という言葉の方がよく聞くのではないでしょうか。ここでは「質問」と「発問」の違いに …

算数的活動と数学的活動の違い

平成29年度告示の算数科学習指導要領では、「算数的活動」という用語は出てきません。かわりに、「数学的活動」という用語が出てきます。 このページでは「算数的活動」と「数学的活動」は何が違うのか説明します …

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。

算数に欠かせない『理想化』とは!?

算数の授業をしたことがあっても、『理想化』という言葉を知っている教員は、そう多くはないのではないでしょうか。 しかし、算数の授業は、この『理想化』なしにはなりたちません。このページでは算数における『理 …