算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

投稿日:2018年12月28日 更新日:

連続量は、外延量内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

外延量

外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。

長さ:3cm+5cm=8cm

重さ:5kg-2kg=3kg

と、たし算・ひき算ができる連続量は外延量です。

長さやかさ、重さ、時間、角度、面積、体積など「大きさ」や「広がり」を表します。

内包量

内包量は、加法性が成り立たない量です。

速さ:時速50km+時速30km≠時速80km

濃度:8g/㎤-3g/㎤≠5g/㎤

と、たし算・ひき算ができない連続量は外延量です。

速さや人口密度、濃度など2種の外延量の商によって表されます。下でもう少しわかりやすく解説します。

内包量は2種の外延量の商

内包量は2種類の外延量のわり算で表されます。

速さ=道のり(kmやm、cm)÷時間(時、分、秒)

濃度=重さ(kgやg)÷体積(㎥や㎤)

人口密度=人数(これは分離量です)÷面積(㎢や㎡、㎠)

これら内包量は単位を見れば一目瞭然です。

速さはkm/h、濃度はkg/㎥、人口密度は 人/㎢ となりますね。小学校段階ではこれらの単位は用いません。しかし、この単位は式を表していることがすぐにわかります。(「/」がわり算を表していることは自明でしょう。)この単位を理解させれば、速さ・濃度・人口密度の公式を覚える必要は全くありません。

 

これら外延量と内包量は、どちらも助数詞ではなく、「単位」です!

単位と助数詞の違い

-5年生の算数, 6年生の算数

執筆者:


  1. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

  2. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

関連記事

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。

算数心理マジック

算数における心理マジックを行いたいと思います。下の式になるように、問題文を作ります。 下の中から一つずつ単語を選んで問題を作ってください。 ペンキ ・ りんご ・ ロープ ・ ヘビ あなたは、何を選び …

直方体を何回切れば展開図になる???

直方体があります。 この直方体には12本の辺がありますが、展開図にするためには、いくつの辺を切ればいいでしょうか?? もくじ 解法① くっつく辺の数を考える解法② 不要な辺を除く解法③ 折られる辺を考 …

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 もくじ 問題「混んでいる」とはどういうこと …

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 もくじ 問題解法①コツコツ数える解法②長方形の頂点を考える解法③コンビネーションを …