算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

投稿日:2018年12月28日 更新日:

連続量は、外延量内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

外延量

外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。

長さ:3cm+5cm=8cm

重さ:5kg-2kg=3kg

と、たし算・ひき算ができる連続量は外延量です。

長さやかさ、重さ、時間、角度、面積、体積など「大きさ」や「広がり」を表します。

内包量

内包量は、加法性が成り立たない量です。

速さ:時速50km+時速30km≠時速80km

濃度:8g/㎤-3g/㎤≠5g/㎤

と、たし算・ひき算ができない連続量は外延量です。

速さや人口密度、濃度など2種の外延量の商によって表されます。下でもう少しわかりやすく解説します。

内包量は2種の外延量の商

内包量は2種類の外延量のわり算で表されます。

速さ=道のり(kmやm、cm)÷時間(時、分、秒)

濃度=重さ(kgやg)÷体積(㎥や㎤)

人口密度=人数(これは分離量です)÷面積(㎢や㎡、㎠)

これら内包量は単位を見れば一目瞭然です。

速さはkm/h、濃度はkg/㎥、人口密度は 人/㎢ となりますね。小学校段階ではこれらの単位は用いません。しかし、この単位は式を表していることがすぐにわかります。(「/」がわり算を表していることは自明でしょう。)この単位を理解させれば、速さ・濃度・人口密度の公式を覚える必要は全くありません。

 

これら外延量と内包量は、どちらも助数詞ではなく、「単位」です!

単位と助数詞の違い

-5年生の算数, 6年生の算数

執筆者:


  1. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

  2. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

関連記事

驚きの面積の求め方!ピックの定理

面積を求めるには様々な公式がありますね。今回は、数多ある求積法の中でも、シンプル&驚きのピックの定理について紹介します。     ピックの定理とは… ピックの定理が使える条件は、 ・すべての辺が直線で …

速さや濃度の公式は覚える必要はない!①

算数の学習では、多くの公式が出てきます。本当に覚えることが必要な公式でしょうか。もちろん大切なもの、仕組みを理解するのは小学生には難しいものもあります。しかし、中には公式を覚える必要のないものもありま …

no image

四角形の内角の和 教科書の過ち

四角形の内角の和の学習では、児童が初めて 演繹的な考え方 に出会います。しかし、一般的な(教科書に載っている)展開は、児童の自然な思考の流れに反しています。 一般的な四角形の内角の和の授業は、 ①三角 …

帰納的思考とはどういうことか??

数学における帰納的思考と聞くと数学的帰納法を思いつく人が多いと思います。 小学校の算数でも、数学的帰納法とまでは行きませんが、帰納的な考え方を用いる場合があります。ここでは、数学的帰納法と算数における …

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。