算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

投稿日:2018年12月28日 更新日:

連続量は、外延量内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

外延量

外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。

長さ:3cm+5cm=8cm

重さ:5kg-2kg=3kg

と、たし算・ひき算ができる連続量は外延量です。

長さやかさ、重さ、時間、角度、面積、体積など「大きさ」や「広がり」を表します。

内包量

内包量は、加法性が成り立たない量です。

速さ:時速50km+時速30km≠時速80km

濃度:8g/㎤-3g/㎤≠5g/㎤

と、たし算・ひき算ができない連続量は外延量です。

速さや人口密度、濃度など2種の外延量の商によって表されます。下でもう少しわかりやすく解説します。

内包量は2種の外延量の商

内包量は2種類の外延量のわり算で表されます。

速さ=道のり(kmやm、cm)÷時間(時、分、秒)

濃度=重さ(kgやg)÷体積(㎥や㎤)

人口密度=人数(これは分離量です)÷面積(㎢や㎡、㎠)

これら内包量は単位を見れば一目瞭然です。

速さはkm/h、濃度はkg/㎥、人口密度は 人/㎢ となりますね。小学校段階ではこれらの単位は用いません。しかし、この単位は式を表していることがすぐにわかります。(「/」がわり算を表していることは自明でしょう。)この単位を理解させれば、速さ・濃度・人口密度の公式を覚える必要は全くありません。

 

これら外延量と内包量は、どちらも助数詞ではなく、「単位」です!

単位と助数詞の違い

-5年生の算数, 6年生の算数

執筆者:


  1. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

  2. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

関連記事

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

「相似な図形」はこれでカンペキ!相似な図形のかき方8種類!

小学校における平面図形の最後を飾るのは「相似な図形」です。「相似な図形」のかき方、全8種類について紹介します! 今回は、2倍の拡大図のかき方について説明します。 マスに注目してかく! はじめに行う相似 …

面積の公式は1つでいい!万能な公式を紹介します!

面積の公式は、「たて✕横」や「底辺✕高さ」などたくさんあります。 「1つの公式に当てはめれば全部うまく行く!という万能な公式があればいいのに!」と考えたことがある人も多くいるでしょう。 ここでは、そん …

〇割△分□厘に関する誤解

分=0.01じゃない! 漢数字で1より小さい数を表すとき、野球の打率を思い出すとわかりやすいと思います。3割4分5厘といいますね。これは打率が34.5%(0.345)を表します。 気を付けなくてはなら …

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …