算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

投稿日:2018年12月28日 更新日:

連続量は、外延量内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

外延量

外延量とは、物体の合併がそのまま加法を意味するような量です。

長さ:3cm+5cm=8cm

重さ:5kg-2kg=3kg

と、たし算・ひき算ができる連続量は外延量です。

長さやかさ、重さ、時間、角度、面積、体積など「大きさ」や「広がり」を表します。

内包量

内包量は、加法性が成り立たない量です。

速さ:時速50km+時速30km≠時速80km

濃度:8g/㎤-3g/㎤≠5g/㎤

と、たし算・ひき算ができない連続量は外延量です。

速さや人口密度、濃度など2種の外延量の商によって表されます。下でもう少しわかりやすく解説します。

内包量は2種の外延量の商

内包量は2種類の外延量のわり算で表されます。

速さ=道のり(kmやm、cm)÷時間(時、分、秒)

濃度=重さ(kgやg)÷体積(㎥や㎤)

人口密度=人数(これは分離量です)÷面積(㎢や㎡、㎠)

これら内包量は単位を見れば一目瞭然です。

速さはkm/h、濃度はkg/㎥、人口密度は 人/㎢ となりますね。小学校段階ではこれらの単位は用いません。しかし、この単位は式を表していることがすぐにわかります。(「/」がわり算を表していることは自明でしょう。)この単位を理解させれば、速さ・濃度・人口密度の公式を覚える必要は全くありません。

 

これら外延量と内包量は、どちらも助数詞ではなく、「単位」です!

単位と助数詞の違い

-5年生の算数, 6年生の算数

執筆者:


  1. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

  2. […] 外延量と内包量の意味や違いを知っていますか? […]

関連記事

分数のわり算 ~7種類の解法~

「分数のわり算は、わる数の分母と分子を逆にして(逆数を)かければよい」という考えだけが取り上げられますが、他のやり方でも、答えを導くことができます。 このページでは、 という問題から、 を解くことを考 …

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

〇割△分□厘に関する誤解

分=0.01じゃない! 漢数字で1より小さい数を表すとき、野球の打率を思い出すとわかりやすいと思います。3割4分5厘といいますね。これは打率が34.5%(0.345)を表します。 気を付けなくてはなら …

分割分数と量分数の意味と違いを知っていますか?

分数には「分割分数」と「量分数」があります。この2つの分数を使い分けないととんでもない誤解に繋がります。 分割分数 小学1年生では「はんぶん」という言葉ついて学び、これが分数の入り口となります。 小学 …