算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 2年生の算数 3年生の算数 4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 算数の基礎

小学校で習う8種類のグラフ

投稿日:2020年3月6日 更新日:

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、

数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ

数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ

資料の部分と部分(もしくは全体)を様子をとらえるのは帯グラフと円グラフ

となります。それぞれのグラフの特徴について、より詳しく説明します。

 

絵グラフ(1,2年生)

下の絵の中で、一番多いのはどれですか?一番少ないのはどれですか?

整理した方が比べやすいですね。

これで、どれが多いのか少ないのかが一目でわかるようになりました。

絵グラフは、絵で数量の大きさを示すので、その場面をイメージしやすいという特徴があります。

整理するときには、数量と数量の間隔や数量自体の大きさを統一する必要があります。下のフラフは悪い例です。これでは数が比べられませんね。

1年生の児童にとって、このグラフをかくことは難しいため、多くの教科書では、色を塗る作業になります。しかし、「数量と数量の間隔や数量自体の大きさを統一する」というポイントは、グラフにとってとても大切なことなので触れるべきでしょう。

絵グラフのデメリットは、描くのが面倒くさいということでしょう。そこで、絵の代わりに〇やタイルで表します。

タイルを使った絵グラフでは、よりまとまりで見ることができます。中にある線は不要であることにも気が付きますね。そして、棒グラフへと発展していきます。

 

棒グラフ(3年生)

絵グラフをより簡潔に(抽象的に)表したものが棒グラフです。

棒グラフは、数量の比較が簡単にできるという特徴があります。また、互いに何倍になっているのかも視覚的に理解することができます。

長さが数量を表していることが、絵グラフよりも明確になりました。

また、絵グラフや棒グラフの項目は分離量であることが多いです。

 

折れ線グラフ(4年生)

折れ線グラフは、時間の経過によって数量がどのような変化をしたのかが表されます。そのため、折れ線グラフの横軸は時間を表します。縦軸は連続量を表すことが多くあります。

数量の大きさを点で表し、それを直線で結んで変化の様子を表します。

上の「気温の変わり方」を棒グラフにすると、下のようになります。

棒グラフでも表すことは可能ですが、かくのが大変ですね。

棒グラフ(や絵グラフ)は積み木のように段々とタワーができているイメージですが、折れ線グラフはそのタワーの頂上だけに注目していますね。

 

折れ線グラフは、下のように、2つの事象を1つのグラフにかくことで、両社の違いや特徴が見やすくなります。

また、下のような折れ線グラフと棒グラフを組み合わせたグラフもあります。

気温という連続量は折れ線グラフで、人数という分離量は棒グラフで、という使い分けをしながら、組み合わせるといいでしょう。

連続量を棒グラフで表すことはありますが、分離量を折れ線グラフで表すことはあまりありません。

 

帯グラフ(5年生)

帯グラフは、割合がどうなっているのかを表します。

帯グラフは長方形であるため、円グラフよりもかきやすく、スペースをとりません。

また、下のように、

時間の経過による変化の様子が把握しやすいため、プレゼンテーションで用いられることが多くあります。

円グラフ(5年生)

円グラフは、帯グラフと同様に、割合がどうなっているのかを表すグラフです。多くの場合、算数の授業では、帯グラフと円グラフは同じ時間に学習をするようです。

円グラフの特徴は、全体と部分の割合の関係が視覚的に(直感的に)とらえることができるということです。

下の円グラフでしたら、

カレーライスを好きな子が3分の1ほどいることが直感的にわかりますね。

一瞬で情報を得ることができるため、企業の広告やパンフレットに使われることが多くあります。

ドットプロット(6年生)

ドットプロットは、横軸が数直線になった絵グラフだと考えましょう。ただし、絵ではなく、●で表します。

絵グラフの横軸(項目)は多くの場合、分離量で、ドットプロットの横軸は多くの場合、連続量です。(人数の場合もよくあります。)

ドットプロットには、最頻値や中央値を見つけやすいという特徴があります。

最頻値とは、一番多く出てくる(最も頻出する)値のことです。下のグラフでは、5時間が一番多い(高い)ので、最頻値は5です。

中央値とは、出てきた全ての値を小さい方から大きい方へ順に並べて、その真ん中(中央)の値のことです。

また、2つのドットプロットを並べることで変化の様子や違いが把握しやすくなるという特徴もあります。

上の2つのドットプロットを見比べると、5年生より6年生の方が読書量が長いことが視覚的にわかりますね。

 

柱状グラフ(6年生)

柱状グラフはヒストグラムとも言われます。

柱状グラフが表すものは度数分布です。散らばりの様子や集団の傾向が視覚的に把握できます。そのため、学力テストの結果を表す際にも用いられます。

柱状グラフでは、各階級のどの区画においても、区画内は平均的に分布しているとみなされます。(上のグラフで言えば、22mが2人、24mが1人であっても、20~25mが3人と見ますね。)

棒グラフにも似ていますが、区画であるため棒同士がくっついていたり、横軸の数字の位置が罫線の下にあったりと、しっかり違いを指導しましょう。

正比例グラフ(6年生)

小学校最後のグラフは正比例グラフです。

点同士を直線で結ぶために、計測をしていない値を出すことができるという特徴があります。

縦軸、横軸ともに連続量を扱うことが多くあります。

小学校段階では、コップに水を入れたときの時間と重さなど、一次関数のグラフも比例グラフと同様に扱います。

 

 

いかがだったでしょうか。次のページでは、同一の事象について様々なグラフで表すことでグラフの特徴や使い分けについて考えていきます。

(準備中)

 

 

-1年生の算数, 2年生の算数, 3年生の算数, 4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

わり算(除法)の種類 包含除と等分除

わり算には「包含除」と「等分除」があります。この区別をしっかりと教えなくてはなりません。しかし、なんとなくしかわからない方も多いと思います。包含除と等分除の違いと区別をわかりやすく説明していきます。 …

『重さ』導入の授業の展開の仕方と指導のポイント

『長さ』、『広さ(直接比較のみ)』ときて、3年生では『重さ』の授業です。 『長さ』の授業と同様に、比較の方法4段階を経るのが望ましいです。また、目に見えないからおもしろく、目に見えないから難しい『重さ …

ブロックを操作させる際の抑えたいポイント

小学1年生の算数において、ブロック操作は欠かせません。このページではブロックについて考えていきたいと思います。 なぜブロックを使うのか? 低学年の算数では「まとまり」を意識することが非常に大切なことで …

帰納的思考とはどういうことか??

数学における帰納的思考と聞くと数学的帰納法を思いつく人が多いと思います。 小学校の算数でも、数学的帰納法とまでは行きませんが、帰納的な考え方を用いる場合があります。ここでは、数学的帰納法と算数における …

ひき算のパターン(9種類)

小学1年生のひき算について考えます。平成29年度告示算数科学習指導要領解説には「求残」、「求差」、「順序数を含む減法」、「求小」、「異種のものの数量を含む減法」の5種類が、減法が用いられる場合として記 …