算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

3年生の算数 4年生の算数

小数(1より小さい数)の基礎基本

投稿日:2019年1月2日 更新日:

小数(1より小さい数)の考えについて、基本の考えや誤解、小数の種類、子どものつまずきやすいポイントを説明します。

1より小さい数の表記法

ローマ数字による1より小さい数の表し方

ローマ数字には0を表す記号はありません。そのため、1より小さい数を表す場合には分数の考えを用いました。例えば

5=V、10=X とするように 1/2=S と決まっています。

漢数字による1より小さい数の表し方

以下のページで解説しています。↓

小数とは、

純小数: アラビア数字を用いて十進位取り記数法により、0 と 1 の間の数を 0.89のように整数で表したもの

帯小数:純小数の1の位が0でなく、1.89のように整数であるもの

これら純小数と帯小数をまとめて小数といいます。

小数の種類

有限小数:終わりのある小数のことです。その数を全て書き表すことができます。例えば、 0.23 や 3.45 などです。

無限小数:無限小数は、その数を全て書き表すことができない数です。この無限小数は循環小数と非循環小数の2種類に分かれます。

循環小数:同じ数が繰り返し無限にでてくる小数のことです。1÷3=0.3333333・・・

や 6÷11=0.45454545・・・

と無限に続きますね。また、11÷6=1.833333・・・ と途中から同じ数が繰り返し無限に出てくることもあります。循環小数の特徴として、必ず分数で表すことができます。

非循環小数:同じ数の羅列でなく、無限に数が続く小数のことです。例えば

√2=1.4142135…

と不規則に数が並びます。非循環小数は分数に表すことができません。また、例えば任意の位の数を見つけることは非常に難解です。

小数と数直線との不仲な関係

小数は多くの場合、数直線で考えます。詳しくはこちら↓


しかし、小数と数直線には、越え難い壁があるのです。算数が苦手な子は、この壁のせいで、知らずに躓いています。

数は左に進むほど大きい?右に進むほど大きい?

数は左と右、どちらに進むほど大きくなるのでしょうか。

「左に進むほど大きくなる」と考える人は、位取り記数法を思い浮かべています。位は左に進むほど大きくなっていきますね。

一方、「右に進むほど大きくなる」と考える人は数直線を思い浮かべています。数直線は右に進むほど大きくなっていますね。

ここで小数を考えてみましょう。小数は「0.001」のように右へ進むほど数は小さくなります。しかし、数直線は右へ進むほど大きくります。

0.1は0より小さい?

「0.1は0より小さい」と考える人はいないと思います。しかし、子どもの中には「0.1は0より小さい」と勘違いをしている子もいます。なぜ、そのような勘違いが起きてしまうのでしょうか。

数直線では、右へ進むほど数は大きくなります。そして、0より左はマイナス(負の数)となります。

一方、位取り記数法は下のように表記しますね。

数直線は0を基準に考えます。位取り記数法は小数点を基準に考えます。この基準を混同してしまうと、「0.1は0より小さい」という勘違いにつながるのです。

このような誤解のないように、数直線に小数を書いたり、生活の中で使われている小数に触れさせたりすることが大切です。

0.9+0.1=0.10?

小数の足し算も算数が苦手な児童にとってはとても難解です。小数の仕組みをしっかり教え込むことが必要です。動画にまとめましたのでご覧ください。↓

-3年生の算数, 4年生の算数

執筆者:


関連記事

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …

L字型の図形の面積の求め方(6種類の解法)

第4学年の算数の研究授業でもよく扱われることのある「L字型の図形の面積の求め方」について、その解法を紹介します。 問題 下の直線で囲まれた図形の面積を求めましょう。 図形の中に方眼があるのかないのかは …

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

『重さ』導入の授業の展開の仕方と指導のポイント

『長さ』、『広さ(直接比較のみ)』ときて、3年生では『重さ』の授業です。 『長さ』の授業と同様に、比較の方法4段階を経るのが望ましいです。また、目に見えないからおもしろく、目に見えないから難しい『重さ …