算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

小1担任ならフォントに気をつかうべし!

投稿日:2020年3月25日 更新日:

小学校1年生では、これからの学習の基礎となる基本的なことを学習します。

その中でも、最も基礎となる学習が「文字」の学習です。

特に、「数字」は、フォントによって形が大きく異なります。

下の数字を見てください。

教科書の文字は、「UDデジタル教科書体」という一般的に小学校の算数で使われているフォントです。

一般的に使われる文字と比較すると、

明朝体

ゴシック体

このように、形が違うのがわかりますね。

フォントの違いによって見え方が変わり、テストの点数にも違いがでるという研究もあるようです。

授業で使うプリントを自作する場合には、教科書と同じフォントである「UDデジタル教科書体」を使うことが望ましいです。

しかし、このフォントが、学校のパソコンにすら、入っていないことが多くあります。

フォントの違いが、児童の学習の妨げになってしまわないように、小学校1年生の担任であれば、そこまで気を配る必要があるのです。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


  1. […] 算数を究める2020.03.25小1担任ならフォントに気をつかうべし!https://mathema… […]

関連記事

「数」というものをどのように教えるのか

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。 しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。 それでは、「数」 …

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

量は、分離量と連続量に分けられます。この2つを意識して授業を行わないとと児童の混乱を招きます。 量とは… そもそも量とは何でしょうか。量と数(すう)の違いは? 簡単に言うと、量は数(すう)に単位がつい …