算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

小1担任ならフォントに気をつかうべし!

投稿日:2020年3月25日 更新日:

小学校1年生では、これからの学習の基礎となる基本的なことを学習します。

その中でも、最も基礎となる学習が「文字」の学習です。

特に、「数字」は、フォントによって形が大きく異なります。

下の数字を見てください。

教科書の文字は、「UDデジタル教科書体」という一般的に小学校の算数で使われているフォントです。

一般的に使われる文字と比較すると、

明朝体

ゴシック体

このように、形が違うのがわかりますね。

フォントの違いによって見え方が変わり、テストの点数にも違いがでるという研究もあるようです。

授業で使うプリントを自作する場合には、教科書と同じフォントである「UDデジタル教科書体」を使うことが望ましいです。

しかし、このフォントが、学校のパソコンにすら、入っていないことが多くあります。

フォントの違いが、児童の学習の妨げになってしまわないように、小学校1年生の担任であれば、そこまで気を配る必要があるのです。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


  1. […] 算数を究める2020.03.25小1担任ならフォントに気をつかうべし!https://mathema… […]

関連記事

ひき算を学ぶ順番と扱う数値の理由

小学1年生におけるひき算の学習は、どのような段階を経るのか、また、教科書に出てくる問題の数値はどのように決められているのか解説します。 ひき算①:繰り下がりのないひき算 一番はじめに習うひき算は繰り下 …

0のたし算ひき算を教えるポイント

大人にとっては簡単で、当たり前だと思われる0のたし算ひき算ですが、意外と躓きポイントは多くあります。児童の躓きを事前に知り、指導に役立ててください。 2+0=20? 2+0=20な訳ないじゃないか!と …

no image

1年生:「かずしらべ」データの活用(整理の仕方)授業の展開とポイント

1年生の「整理の仕方」の学習は、「長さ比べ」と似ている面もあります。 どのような授業を行えばよいのかについて説明します。 ものの個数を整理する 本時のゴール:物の個数を整理するときには、大きさをそろえ …

繰り上がりのあるたし算の教え方

1年生の算数の第一関門、繰り上がりのあるたし算について考えていきます。 足す数を分解するやり方(加数分解) まず、一番多くの教科書で最初に扱われている「9+3」について考えていきます。 (令和2年度か …

長さを比べるためには4段階を経る!