算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数の基礎

数と量って違うの?

投稿日:2019年8月4日 更新日:

量とは何でしょうか。量と数(すう)の違いは?

簡単に言うと、量は数(すう)に単位がついたものです。1や2は数(すう)です。1個や2mは量です。

物が存在するとき、そこには量が発生します。その量の数(かず)をかぞえたとき、数が発生します。

算数では、必ず量について考えることになります。(数学は数について考える)

そのため、算数を扱う場合には、量の知識を多少なりとも持っている必要があります。

もっと詳しく量について知りたい人はこちら↓

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

-算数の基礎

執筆者:


  1. […] 数と量って違うの? […]

  2. […] 算数を究める  1 user数と量って違うの?https://mathematicalpapyrus.com/%e6%9… […]

関連記事

算数の授業における『見通し』のもたせ方

「見通し」という言葉は、平成29年告示の学習指導要領解説算数編では、95回出てきます。 旧指導要領時には、22回しか出ていません。算数の授業において、「見通し」を重視しなくてはならないことが、よくわか …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

「相似な図形」はこれでカンペキ!相似な図形のかき方8種類!

小学校における平面図形の最後を飾るのは「相似な図形」です。「相似な図形」のかき方、全8種類について紹介します! 今回は、2倍の拡大図のかき方について説明します。 マスに注目してかく! はじめに行う相似 …

ひき算を学ぶ順番と扱う数値の理由

小学1年生におけるひき算の学習は、どのような段階を経るのか、また、教科書に出てくる問題の数値はどのように決められているのか解説します。 ひき算①:繰り下がりのないひき算 一番はじめに習うひき算は繰り下 …