算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数の基礎

数の種類

投稿日:2020年4月15日 更新日:

一番簡単な数は何でしょうか?多くの方が「1」と答えるでしょう。

自然数

1から始まり、次々に1をたしていってできる数を自然数といいます。

「数をかぞえて」と言われたときに「1,2,3…」と「自然に出てくる数」と考えればいいでしょう。(0を自然数に入れる場合もありますが、高校数学までは0は自然数に含めません。)

整数

1から始まり、次々に1をたしていくと自然数ができました。

では、1から始まり、次々に1をひくと、どうなるでしょうか。

まず、1-1=0ですね。続いて、「-1,-2,-3…」と負の数が無限に続きます。

自然数と0と負の数をまとめて「整数」といいます。

分数(真分数・仮分数・帯分数)

整数aを0でない整数bで割った数を

と表した数を「分数」といいます。

また、a<bのときを「真分数」、a>bのときを「仮分数」

さらに、仮分数を整数と真分数の和で表した数を「帯分数」といいます。

小数(純小数・帯小数)

十進位取り記数法で小数点を使って表した数を「小数」といいます。

1より小さい小数(一の位以上の数が0)を「純小数」といいます。

整数と純小数の和になっている小数を「帯小数」といいます。

有限小数・無限小数(循環小数)

20÷3=0.66666…のように、いつまでも割り切ることができない小数を「無限小数」といいます。

一番有名な無限小数は、円周率(3.141592…)でしょう。

さらに、無限小数の中で、一定の数字が繰り返されている小数を「循環小数」といいます。循環小数は、無限に続くのですべてを書くことができません。そこで、下のように表します。

無限小数に対して、割り切れる小数を「有限小数」といいます。

有理数

上記の整数・分数・小数をまとめて「有理数」といいます。

無理数

整数・分数・小数では表すことができない(無理)な数を「無理数」といいます。無理数は表すことが無理なので、特別な記号で表します。

例えば、円周率=3.141592をπ(パイ)で表したり、ネイピア数=2.7182…をeで表したりしますね。

実数

有理数と無理数を合わせて「実数」といいます。

無理数は数で表すことはできませんが、「一辺の辺の長さが10cmの正方形の対角線は10√2になる」など、実際にその数は存在しますね。

虚数・複素数

実数ではない数、つまり実際には存在しない数を「虚数」といいます。

例えば、◆×◆=-1となる◆をiと表したり、■×■×■=1となり、■が1でない数をωと表したりします。

また、実数と虚数で表した数を「複素数」といいます。

 

-算数の基礎

執筆者:


関連記事

no image

物の数のかぞえ方 6種類

物の数をかぞえるという行為は、算数において、最も基礎的な学習といっても過言ではありません。 幼児から小学1年生の児童は、どのように物の数をかぞえるのか、親として授業者として抑えるべきポイントを解説しま …

算数の文章題は、7つのポイントで楽勝!

先に言ってしまうと、文章題を解くための7つのポイントは、 文章の量は、ヒントの量だ! 問題にツッコミをいれろ! 問題を先読みしろ! 聞かれていることを把握しろ! とりあえず絵を描け! 問題を作っている …

小学校教員が定時で帰るための授業準備の仕方&心掛け

教員の激務が問題になっていますが、働き方は一向に変わる気配はありません。 行政が働き方を変えないのであれば、自分が働き方を変えるしかありません。 私が行っている定時で帰るための仕事術と教員としての心掛 …

ものの位置の表し方

第1学年では、左右や上下など、1次元のものの位置の表し方について学習しています。 第4学年では、平面上にあるものの位置についてどのように表すのかを学習します。この学習では、児童が体を動かしながら、楽し …

ひき算を学ぶ順番と扱う数値の理由

小学1年生におけるひき算の学習は、どのような段階を経るのか、また、教科書に出てくる問題の数値はどのように決められているのか解説します。 ひき算①:繰り下がりのないひき算 一番はじめに習うひき算は繰り下 …