算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

2年生の算数

長さの2種類の普遍単位

投稿日:2018年9月30日 更新日:

世界には主に2種類の長さに関する普遍単位が存在します。その普遍単位の種類と特徴について紹介します。

メートル法

普遍単位は普遍なもので定義しなければなりません。地球上で普遍なもの…。それは地球です。地球の北極点から赤道までの距離の1000万分の1(地球一周の4000万分の1)を1mと定めました。 しかし、数年後、北極点から赤道までの距離をより正確に測ると誤差が出てしまいました。もう浸透しているメートル法を変更することができず、現在では「速度が普遍である光が、299798458分の1秒間に真空中を進む距離」と定められています。

ヤードポンド法

あまり聞きなれない普遍単位かと思います。「フィート」や「ヤード」、「マイル」など、飛行機(□フィート上空)やゴルフ(□ヤード跳んだ)で馴染みがあるかと思います。 世界でもこのヤードポンド法を使用しているのはアメリカだけです。(厳密には違いますが)上記の飛行機とゴルフはアメリカが国際基準となっているため、メートル法でなく、ヤードポンド法を採用しています。 1フィートが約30cmです。足の裏の大きさをもとにしているそうですが、大きいですね…。   長さの授業についてはこちら↓↓ 長さの比較

-2年生の算数

執筆者:


  1. […] 1年生では、任意単位による比較を行いました。2年生では普遍単位を用います。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かけ算を習う順

かけ算九九を習う順番について考えていきたいと思います。習う順にもちゃんと理由がありますので、小学校で習う前に九九を覚えさせたい場合には注意が必要です。 もくじ ① 5の段② 2の段③ 3の段④ 4の段 …

no image

普遍単位による長さの比較

1年生では、任意単位による比較を行いました。2年生では普遍単位を用います。 任意単位の限界 任意単位による比較で長さを「いくつ分」で表すことが可能になりました。下のように机の縦の長さを任意単位による比 …

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 もくじ + の由来所説①ラテン語説所説②水樽説- の由来所説①ラテン …