算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数 単発授業

正多角形の面積から円の面積の公式へ

投稿日:2019年10月9日 更新日:

正五角形の面積を求めてみましょう。

抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。

次に、正六角形の面積を考えます。

どちらの面積も、

「周りの長さ✕高さ÷2」

で求められるようです。

 

 

では、正n角形の面積を考えましょう。

正n角形の面積も、

「周りの長さ✕高さ÷2」

で求められることがわかります。

 

 

ここで、円の面積について考えましょう。

正n角形の辺の数(nの値)を極限まで増やすと、円になります。

つまり、正n角形の面積の公式が使えます。

すると、円の面積は、

となり、円の面積の公式を導くことができました。

-5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

〇割△分□厘に関する誤解

分=0.01じゃない! 漢数字で1より小さい数を表すとき、野球の打率を思い出すとわかりやすいと思います。3割4分5厘といいますね。これは打率が34.5%(0.345)を表します。 気を付けなくてはなら …

帰納的思考とはどういうことか??

数学における帰納的思考と聞くと数学的帰納法を思いつく人が多いと思います。 小学校の算数でも、数学的帰納法とまでは行きませんが、帰納的な考え方を用いる場合があります。ここでは、数学的帰納法と算数における …

三角形の内角の和を帰納的&演繹的に求める方法

三角形の内角の和が180°であることを導くには多くの場合、帰納的に考えます。ここではその帰納的な考え方とともに、三角形の内角の和を演繹的に考える方法も解説します。 もくじ 帰納的①:角度をはかる帰納的 …

三角形の面積の公式の導き方(8種類)

三角形の面積の公式 「底辺✕高さ÷2」 を導く考え方について説明します。 学習指導要領には、面積の公式の導き方として、以下の三点が挙げられています。 ① 図形の一部を移動して,計算による求積が可能な図 …

算数心理マジック

算数における心理マジックを行いたいと思います。下の式になるように、問題文を作ります。 下の中から一つずつ単語を選んで問題を作ってください。 ペンキ ・ りんご ・ ロープ ・ ヘビ あなたは、何を選び …