算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数 単発授業

正多角形の面積から円の面積の公式へ

投稿日:2019年10月9日 更新日:

正五角形の面積を求めてみましょう。

抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。

次に、正六角形の面積を考えます。

どちらの面積も、

「周りの長さ✕高さ÷2」

で求められるようです。

 

 

では、正n角形の面積を考えましょう。

正n角形の面積も、

「周りの長さ✕高さ÷2」

で求められることがわかります。

 

 

ここで、円の面積について考えましょう。

正n角形の辺の数(nの値)を極限まで増やすと、円になります。

つまり、正n角形の面積の公式が使えます。

すると、円の面積は、

となり、円の面積の公式を導くことができました。

-5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業

執筆者:


  1. […] 算数を究める正多角形の面積から円の面積の公式へhttps://mathematicalpapyrus.com… […]

関連記事

no image

多くの教師が失敗する角柱の体積の求め方

角柱の体積の求め方を考える授業では、絶対に授業者が忘れてはならない大前提の考えがあります。それは、 角柱の体積は、底面積×高さ で求められるかどうかは、まだわからない ということです。 角柱の体積の求 …

面積の公式は1つでいい!万能な公式を紹介します!

面積の公式は、「たて✕横」や「底辺✕高さ」などたくさんあります。 「1つの公式に当てはめれば全部うまく行く!という万能な公式があればいいのに!」と考えたことがある人も多くいるでしょう。 ここでは、そん …

だれを大会に出す?~情報整理の活用~(6年生)

6年生の情報を整理して活用する学習後に行うことができます。 問題:ひな、さくら、かのん の3人のうち1人だけが、ボール投げ大会に出場できます。大会では、ボールを一球投げて、遠くまで飛ばした人が優勝とな …

三角形の内角の和を帰納的&演繹的に求める方法

三角形の内角の和が180°であることを導くには多くの場合、帰納的に考えます。ここではその帰納的な考え方とともに、三角形の内角の和を演繹的に考える方法も解説します。 帰納的①:角度をはかる 三角形の3つ …

輪を切るとどうなる?パターン①(4年生以上)

短冊状の紙を用意するだけで、ほぼ準備のいらない授業です。児童の活動も多く、話し合いも活発になるため、授業参観におすすめです。保護者も結果に驚きです! 導入 本時の学習につながる簡単な問題を提示する。 …