算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 算数の基礎

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

投稿日:2019年10月23日 更新日:

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。

 

 

4年:変わり方

4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」という学習が出てきます。学習指導要領を読むと、

と書かれており、表と式とグラフといった比例を学ぶ上で、非常に大切な基礎を4年生で学ぶことがわかります。

表を横に見る

4年生では、表を横に見たときに、いくつずつ増えているかに注目します。

表を縦に見る

表を縦に見る見方は、少し難易度が高いので、それ程、重点的に指導する教科書は少ないように感じます。

表を縦に見る見方は、6年生になったら必須として出てきます。

式であらわす

4年生になると、言葉の式から発展し、□や△を使った式を立てていきます。

(新学習指導要領からは、○ではなく、△になりました。○と0が見間違えやすいからでしょうかね)

3年生までは、□を未知数として扱っていました。この学習では、変数として扱われます。

児童は、言葉の式を立てることができても、その言葉を□や△であらわすことが苦手です。□や△に数字を当てはめようとするのです。□や△にはどんな数字も入り得ることを教える必要があります。

表からきまり(きまった数)を見つけて、式にあらわすことが多いです。

グラフであらわす

グラフであらわす際にも、表から情報を得ます。表から得た数値をもとにグラフ上に点を打ち、その点を直線で結びます。

0.1や0.5など、細かい点を無数にうち、点の集合がグラフ(直線)になるという考えは、中学校数学で扱われます。

 

 

5年:簡単な比例

5年生になり、ようやく「比例」という言葉を使います。学習指導要領には、

と書かれています。

実は、5年生の「比例」の学習は2時間程度しかありません。(教科書会社により違いはあるかと思います。)少しだけ、4年生から発展しています。

表を横に見る

4年生では、表を横に見た際に、いくつずつ増えているか。というたし算で捉えていました。5年生では、

一方が2倍、3倍…になるとき、もう一方も2倍、3倍…になる

と、かけ算で捉えます。

 

 

6年:比例

いよいよ6年生で本格的に比例の学習が始まります。が、内容としては4,5年生の内容とさほど変わりません。

レベルアップする内容は2つ

1つ目は、今までは表をベースに考えていましたが、表を介さないで式にあらわしたり、グラフだけから必要な情報を得ることになります。

具体的には、4,5年生では、

問題→表→式 もしくは、問題→表→グラフ

でしたが、6年生では、

問題→式 や 問題→グラフ→式 となることが多いです。

算数が苦手な子は、一度、問題やグラフをもとに表を作り、表を頼りにすると解けやすくなります。(4年生のレベルまで下がります)

2つ目は、比例関係をもとに、日常生活の諸問題を解決することです。

例えば、たくさんある紙の枚数をすべて数えないで出したり、10円玉貯金の金額を出したりすることです。

3年間の比例学習を通して得た知識・技能を使って比例を生活と結びつけるのです。

 

小学校算数における比例学習の系統性が見えてきましたでしょうか。中学校でも比例の学習をしますが、小学校で「きまった数」と言っていたものが「比例定数」であり、小学校で習ったことを再度学ぶことになります。

そして、一次関数へと歩を進めていくのです。

-4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


関連記事

算数心理マジック

算数における心理マジックを行いたいと思います。下の式になるように、問題文を作ります。 下の中から一つずつ単語を選んで問題を作ってください。 ペンキ ・ りんご ・ ロープ ・ ヘビ あなたは、何を選び …

4種類のひき算のブロック操作の違い

小学1年生のひき算について指導要領解説に示される4種類について、それぞれのブロック操作の違いを説明します。児童に操作させる際には、問題場面に沿った操作を行わせる必要があります。 9種類のひき算について …

質問と発問の違い

授業(特に指導案)では「発問」という言葉が頻出します。日常生活では「発問」という言葉はあまり使わず馴染みがなく、「質問」という言葉の方がよく聞くのではないでしょうか。ここでは「質問」と「発問」の違いに …

「計算のきまり」を理解させる方法

交換法則や結合法則、分配法則は、4年生で学習します。4年生の子どもにとって、式変形はとても難易度が高く、全く理解できない子も少なくありません。 小学校段階では、式変形の結果に注目するよりも、なぜその式 …

三角形の内角の和を帰納的&演繹的に求める方法

三角形の内角の和が180°であることを導くには多くの場合、帰納的に考えます。ここではその帰納的な考え方とともに、三角形の内角の和を演繹的に考える方法も解説します。 帰納的①:角度をはかる 三角形の3つ …