算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数雑学

海底2万マイルって、残念な旅行??

投稿日:2019年10月6日 更新日:

ネモ船長の小旅行!?

ジュール・ベンヌ作「海底2万〇〇」という有名な小説があります。(船長の名前がネモ)

ちなみにこの小説の日本語訳は訳の違いで、いくつかの単位のものが出版されています。

原作:海底2万リュー=110000km=地球3周くらい

(わたしは初め、2万リュー(もしくは2万マイル)の距離だけ、海を潜ったのだと思っていましたが、船が進んだ距離でした!!)

 

 

「リュー」という単位が日本に馴染みがないので単位換算をし、当初は「海底6万マイル」という題にしました。しかし、原作とごっちゃになり、今は「海底2万マイル」が主となっています。

東京ディズニーシーのアトラクションも「海底2万マイル」ですよね。

海底2万マイル=32000km=地球1周未満

「6万マイル」 が 「2万マイル」 になったので、冒険の規模が3分の1になりました…。

 

 

ここで終わればよかったのですが、「マイル」を「海里」とする訳も存在しています。

海底2万海里=36000km=地球1周未満

若干、規模が大きくなりました。よかった!!

 

そして、「海里」を「」とする訳もあります。

海底2万里=80000km=地球2周

地球2周なら、ネモ船長も許してくれるでしょうか。

 

 

ところが!!問題は中国で起きていました!

この本を中国語訳で考えると…

「1里」は中国では500m なので、

中国語訳「海底2万里」=1万km

太平洋を横断するくらいです。あの雄大で壮大な大冒険が単位の違いでちょっとした旅行になってしまいました…。単位換算て難しいですね…。

世界的に有名な小説だからこそ、このような問題も起きてしまったのでしょう。

 

「マイル」などの長さの普遍単位については知りたい方はこちら↓

長さの普遍単位

-算数雑学

執筆者:

関連記事

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に 商の立て間違い です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。 ここで …

漢字で表される単位の秘密

mやkgなど、SI基本単位やSI接頭語は漢字一文字で表されることもあります。SI接頭語と漢字は意外と相性がいいみたいです。 基本的な単位についての解説はこちら↓ 単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k …

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …

長さの普遍単位3種類

世界には長さの普遍単位がいくつか存在します。その普遍単位の種類と特徴について紹介します。 メートル法 普遍単位は普遍なもので定義しなければなりません。地球上で普遍なもの…。それは地球です。地球の北極点 …

単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k,d??)

算数で最も欠かせないものは「量」である。といっても過言ではありません。 量について及び普遍単位についてはこちらのページを参照してください! 数と量って違うの? 普遍単位による長さの比較 ここで扱う「単 …