算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 単発授業 算数の基礎

物の数のかぞえ方 6種類

投稿日:

物の数をかぞえるという行為は、算数において、最も基礎的な学習といっても過言ではありません。

幼児から小学1年生の児童は、どのように物の数をかぞえるのか、親として授業者として抑えるべきポイントを解説します。

それでは早速、下のりんごの数をかぞえてみましょう。

あなたなら、あなたのお子様なら、あなたのクラスの子なら、どのように数えますか?

数え方① 1つずつ かぞえる

最も単純で、最も簡単な数え方は、1つずつかぞえることです。1つずつかぞえるといっても、様々な数え方があります。

バラバラにかぞえる

これでは、どのリンゴをかぞえたのか、わからなくなってしまいます。端から順番にかぞえることを教えましょう。

縦にかぞえる

これは、面積の考え方に近い かぞえかたです。

横にかぞえる

文章を左から右に読んでいくので、数をかぞえるときも、左から右へかぞえていくことが自然です。

3~4歳の子は、このように数えることが一般的でしょう。

 

数え方② かぞえたし

5のまとまりに注目して、1から5までかぞえることを省略します。そして、「6・7・8・9」と、途中からかぞえます。

1から10までかぞえることができる子でも、「2から」「5から」など、途中からかぞえることは、難しいです。ぜひ、練習させてみましょう。

数え方③ まとまりで かぞえる

「に・し・ろ・や」と かぞえていき、最後に1をたします。かなり面積の考え方に近いですね。

 

数え方④ かぞえひき

「10のまとまりから、10・9」とかぞえるやり方です。10から1まで逆にかぞえられることが条件です。

 

このように、「物の数をかぞえる」というだけでも、様々な方法があります。子がどのようにかぞえているのかによって、物をどのように捉えているのかが見えてきます。

「1つずつかぞえる」よりも「かぞえたし」の方がレベルが上です。しかし、「□歳までに、このかぞえ方ができていないとダメ」ということはありません。

子の理解度・発達段階に応じて、「こんなかぞえ方もあるんだよ。」と教えてあげましょう。

かぞえながら「面倒くさい」という声が聞こえたら、次のレベルへ移行するチャンスです!

-1年生の算数, 単発授業, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

ひき算のパターン(9種類)

小学1年生のひき算について考えます。平成29年度告示算数科学習指導要領解説には「求残」、「求差」、「順序数を含む減法」、「求小」、「異種のものの数量を含む減法」の5種類が、減法が用いられる場合として記 …

「数」というものをどのように教えるのか

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。 しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。 それでは、「数」 …

輪を切るとどうなる?パターン②(4年生以上)

短冊状の紙を用意するだけで、ほぼ準備のいらない授業です。児童の活動も多く、話し合いも活発になるため、授業参観におすすめです。保護者も結果に驚きです! 導入 本時の学習につながる簡単な問題を提示する。 …

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 問題 下の3つの部屋の中で、一番混んでいる …

なかまづくり どちらがおおい?

1年生の最初に扱われる教材です。最初だからこそ、抑えるべきポイントをしっかり抑える必要があります。 1年生の算数は、大人にとっては「当たり前」なことがほとんどです。 そのため、大事なポイントを他の学年 …