算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

6年生の算数 単発授業

直方体を何回切れば展開図になる???

投稿日:2019年10月8日 更新日:

直方体があります。

この直方体には12本の辺がありますが、展開図にするためには、いくつの辺を切ればいいでしょうか??

解法① くっつく辺の数を考える

直方体の展開図を考えます。

直方体の展開図の周りの辺は、全部で14本あります。この辺が2つずつくっついて直方体の1つの辺になります。

下の展開図の同色のところがくっつきます。

14本ある辺が2本ずつくっつくので、直方体は、

14÷2=7 で、7本の辺がくっついたものであることがわかります。

つまり、直方体の12本の辺のうち、7本の辺を切れば展開図になります。

解法② 不要な辺を除く

直方体の展開図には19本の辺があります。

直方体には12本の辺があります。

展開図の19本ある辺のうち7本は不要なのです。

つまり、この7本を切ればいいのです。

解法③ 折られる辺を考える

直方体には12本の辺があります。その内、展開図で考えると、上の5本は切られることなく、折られる辺です。つまり、12本中5本は切らないので、

12-5=7

で7本切ることがわかります。

解法④ 一般化する

直方体(四角柱)ではなく、簡易化し、三角柱で考えてみましょう。

この三角柱を展開図にするために、3本の辺からなる底面について考えます。

底面の3本の辺を全て切ると、展開図はバラバラになってしまいます。(上面も同様)

つまり、1つの辺を残さないといけません。

次に、側面を考えると、側面の3本ある辺のうち、1本を切ると、開きます。つまり、側面は1回切ればいいのです。

よって、三角柱を展開図にするためには、

(3-1)×2+1=5 で、5本切ればいいことがわかります。

これを、n角柱で考えます。まず、上面と底面はそれぞれ1本の辺を残すので、(n-1)本の辺を切ります。

側面はn角柱でも、1本切れば開きます。

つまり、n角柱を展開図にするためには、

(n-1)×2+1 本の辺を切る

という一般化が図れました。

直方体は四角柱ですので、nに4を代入し、

(4-1)×2+1=7

7本の辺を切ればいいことがわかります。

-6年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

カレンダーの数字のヒミツ

カレンダーの数字には、様々なヒミツが隠れています。ヒミツの証明まで考えなければ、3年生以上の学年で扱うことができる教材です。 あなたは、いくつのヒミツを見つけることができますか?このページでは9種類の …

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …

タクシーでいくら払う?(4年生以上)

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …

腹囲がどのくらい減れば、痩せて見えるのか

ダイエットをするときに、やはり気になるのが、人の目ですね。 一番気になるお腹周り(腹囲)が、どのくらい減れば、外見が痩せて見えるのかを数学的に考えてみましょう。 見た目はすぐに変わらない まずは、人の …

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。   A塾にとって都合の良いグラフ A塾は、合格者数が減 …