算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数の基礎

数と量って違うの?

投稿日:2019年8月4日 更新日:

量とは何でしょうか。量と数(すう)の違いは?

簡単に言うと、量は数(すう)に単位がついたものです。1や2は数(すう)です。1個や2mは量です。

物が存在するとき、そこには量が発生します。その量の数(かず)をかぞえたとき、数が発生します。

算数では、必ず量について考えることになります。(数学は数について考える)

そのため、算数を扱う場合には、量の知識を多少なりとも持っている必要があります。

もっと詳しく量について知りたい人はこちら↓

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

-算数の基礎

執筆者:


  1. […] 数と量って違うの? […]

  2. […] 算数を究める  1 user数と量って違うの?https://mathematicalpapyrus.com/%e6%9… […]

関連記事

no image

比例の活用!3種類の授業&指導のポイント

6年生の比例学習の山場です。比例関係を使って、日常の問題を解決します。 この学習では、できるだけ比例関係を使って児童の身近にある問題を解決させたいですね。 あなたならどのような日常の問題を扱いますか? …

no image

数という概念の獲得(幼児期)

数というものは、目に見ることはできません。 では、我々は、どのようにして数と出会い、数を理解していくのでしょうか。 数と量は違う 学習指導要領解説には「数量」という言葉が多く出てきます。「数量」は「数 …

no image

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

算数的活動と数学的活動の違い

平成29年度告示の算数科学習指導要領では、「算数的活動」という用語は出てきません。かわりに、「数学的活動」という用語が出てきます。 このページでは「算数的活動」と「数学的活動」は何が違うのか説明します …

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。 これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。 それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的 …