算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数の基礎

数の種類(自然数から虚数まで)

投稿日:2020年4月15日 更新日:

一番簡単な数は何でしょうか?多くの方が「1」と答えるでしょう。

自然数

1から始まり、次々に1をたしていってできる数を自然数といいます。

「数をかぞえて」と言われたときに「1,2,3…」と「自然に出てくる数」と考えればいいでしょう。(0を自然数に入れる場合もありますが、高校数学までは0は自然数に含めません。)

整数

1から始まり、次々に1をたしていくと自然数ができました。

では、1から始まり、次々に1をひくと、どうなるでしょうか。

まず、1-1=0ですね。続いて、「-1,-2,-3…」と負の数が無限に続きます。

自然数と0と負の数をまとめて「整数」といいます。

分数(真分数・仮分数・帯分数)

整数aを0でない整数bで割った数を

と表した数を「分数」といいます。

また、a<bのときを「真分数」、a>bのときを「仮分数」

さらに、仮分数を整数と真分数の和で表した数を「帯分数」といいます。

小数(純小数・帯小数)

十進位取り記数法で小数点を使って表した数を「小数」といいます。

1より小さい小数(一の位以上の数が0)を「純小数」といいます。

整数と純小数の和になっている小数を「帯小数」といいます。

有限小数・無限小数(循環小数)

20÷3=0.66666…のように、いつまでも割り切ることができない小数を「無限小数」といいます。

一番有名な無限小数は、円周率(3.141592…)でしょう。

さらに、無限小数の中で、一定の数字が繰り返されている小数を「循環小数」といいます。循環小数は、無限に続くのですべてを書くことができません。そこで、下のように表します。

無限小数に対して、割り切れる小数を「有限小数」といいます。

有理数

上記の整数・分数・小数をまとめて「有理数」といいます。

無理数

整数・分数・小数では表すことができない(無理)な数を「無理数」といいます。無理数は表すことが無理なので、特別な記号で表します。

例えば、円周率=3.141592をπ(パイ)で表したり、ネイピア数=2.7182…をeで表したりしますね。

実数

有理数と無理数を合わせて「実数」といいます。

無理数は数で表すことはできませんが、「一辺の辺の長さが10cmの正方形の対角線は10√2になる」など、実際にその数は存在しますね。

虚数・複素数

実数ではない数、つまり実際には存在しない数を「虚数」といいます。

例えば、◆×◆=-1となる◆をiと表したり、■×■×■=1となり、■が1でない数をωと表したりします。

また、実数と虚数で表した数を「複素数」といいます。

 

-算数の基礎

執筆者:


関連記事

なかまづくり どちらがおおい?

1年生の最初に扱われる教材です。最初だからこそ、抑えるべきポイントをしっかり抑える必要があります。 1年生の算数は、大人にとっては「当たり前」なことがほとんどです。 そのため、大事なポイントを他の学年 …

ひき算を学ぶ順番と扱う数値の理由

小学1年生におけるひき算の学習は、どのような段階を経るのか、また、教科書に出てくる問題の数値はどのように決められているのか解説します。 ひき算①:繰り下がりのないひき算 一番はじめに習うひき算は繰り下 …

4種類のひき算のブロック操作の違い

小学1年生のひき算について指導要領解説に示される4種類について、それぞれのブロック操作の違いを説明します。児童に操作させる際には、問題場面に沿った操作を行わせる必要があります。 9種類のひき算について …

no image

「数学的な見方・考え方」をどこよりも詳しく解説します!

「数学的な味方・考え方」について、どこよりも噛み砕いて、わかりやすく解説します! ずばり!「数学的な見方・考え方」とは、 身の回りにある出来事や日常で起きる出来事などを、数や量、形などの視点で見つめて …

「数」というものをどのように教えるのか

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。 しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。 それでは、「数」 …