算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数

算数心理マジック

投稿日:2018年10月6日 更新日:

算数における心理マジックを行いたいと思います。下の式になるように、問題文を作ります。

下の中から一つずつ単語を選んで問題を作ってください。

ペンキ ・ りんご ・ ロープ ・ ヘビ

あなたは、何を選びましたか?あなたが何を選ぶのか当ててみせましょう!↓↓↓

あなたが選んだ単語は、ずばり、①はロープ 、 ②はペンキ です!当たりましたか?

なぜその単語を選ぶのか(種明かし)

まず①と②の共通点は、どちらもかけられる数(被乗数)が整数ではありません。

「整数でない」ということは、分離量ではなく、連続量であるということです。(大体)リンゴ3.2個やヘビ2/3匹とは言いませんね。この時点で、リンゴとヘビは選択肢から外れます。

次に①と②の相違点について考えます。①は小数、②は分数ですね。

我々は、小数は直線で、分数は面で捉えていることが多くあります。

教科書で見ると、小数はロープなどの長さに関する問題、分数はペンキを塗るなどの広さの問題がほとんどなのです。

問題を作る際には、このような潜在意識をも意識しないと、児童の思考の妨げになります。

-5年生の算数
-

執筆者:


  1. […] 算数心理マジック […]

関連記事

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

答えが複数ある問題 ~算数で得をしよう!~

4年生以上を対象とした「答えが複数ある問題」です。 「筋道を立てて考え説明することの大切さ」や「算数を知らないと損をする(知っていると得をする)こと」、そして「算数って楽しい!」と思ってもらえる授業に …

混み具合「単位量あたり」を指導する際のポイント

5年生の学習の中で、最も難しい単元と言っても過言ではないのが「単位量あたり」です。ここでは、「単位量あたり」の授業をする上で大切となるポイントを説明します。 もくじ 問題「混んでいる」とはどういうこと …

速さや濃度の公式は覚える必要はない!①

算数の学習では、多くの公式が出てきます。本当に覚えることが必要な公式でしょうか。もちろん大切なもの、仕組みを理解するのは小学生には難しいものもあります。しかし、中には公式を覚える必要のないものもありま …

外延量と内包量の意味や違いを知っていますか?

連続量は、外延量と内包量に分類されます。分離量と連続量についてはこちら↓↓ 分離量と連続量の意味と違いを知っていますか? もくじ 外延量内包量内包量は2種の外延量の商 外延量 外延量とは、物体の合併が …