算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数

絶対に解けない!?面積の問題

投稿日:2019年1月15日 更新日:

早速ですが、下の四角形の面積はいくつですか?

3×5=15   答え15㎠

と考えたあなたは不正解です。

なぜならば上の四角形は長方形ではないからです。

・問題文中に長方形と書いてある

・3つ以上の角に直角を表す印がある

など、四角形が長方形である証拠がないと、長方形の面積の公式は使えません。上の四角形の面積は求めることはできないのです。では下の四角形の面積はどうでしょうか。

各角に直角を表す印がないので、長方形と言えないのでしょうか。実は、「方眼紙の1マスは正方形である。」というお約束があります。そのため、上の四角形は長方形であるといえます。だから、面積を求めることができます。

問題を作る際、または、提示する際にはちゃんと子どもが解くことのできる問題なのかを確認しなければなりません。

長方形の面積の求め方に関する誤解はこちらのページ↓

-4年生の算数

執筆者:


関連記事

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

長方形の面積の公式を言える人は多くいると思います。しかし、実は間違った意味で覚えている人も多くいます。このページでは、実は間違って理解している面積の公式について説明をします。 長方形の面積の求め方は? …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

計算が苦手な人に知ってほしい「積み上げわり算」

わり算の筆算で起こりうる間違いは、主に 商の立て間違い です。この商の立て間違いによって、あまりが除数より大きくなってしまったり、何度も何度も書いては消しての繰り返しをしている子が多くいます。 ここで …

魅力的なパンフレットを作ろう!~グラフの応用~

問題:あなたは「究塾」という塾から、「塾生を集めるためのパンフレットに使うグラフを、作ってほしい」と頼まれました。 究塾の過去の合格者数は下の表のとおりです。 あなたなら、どのようなグラフを作りますか …

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …