算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 単発授業

腹囲がどのくらい減れば、痩せて見えるのか

投稿日:2020年3月18日 更新日:

ダイエットをするときに、やはり気になるのが、人の目ですね。

一番気になるお腹周り(腹囲)が、どのくらい減れば、外見が痩せて見えるのかを数学的に考えてみましょう。

見た目はすぐに変わらない

まずは、人の体を真上から見た形を円とすると、腹囲が94.2cmの人のお腹は、直径30cmです。

この人が、ダイエットをがんばって、腹囲が2.2cm減って92cmになったとしましょう。

すると、直径は29.3cmになったことになります。

この変化を、他人から見ると、

横幅全体で、わずか7mm、片側でみると、わずか3.5mmしか減っていないのです。

腹囲を2.2cm減らすのはかなり大変なことです。しかし、他人からすると、まず気が付かないでしょう。

では、片側を1cm減らすためには、腹囲をどのくらい減らす必要があるのでしょうか。

お腹を1cmへこませるためには…。

お腹の両側が1cm減るということは、直径30cmが28cmになるということです。

この直径28cmに円周率をかければ、腹囲がでるので、

上のように、腹囲を87.9cmにする必要があるのです。

つまり、94.2cmと比べると、6.3cmも腹囲を減らさなければならないのです。

初めの腹囲は関係ない

上で考えた腹囲を一般化してみましょう。

ダイエット前のお腹の直径を a +2cmとすると、腹囲は 3.14a + 6.24 cmになります。

このお腹が左右1cmずつ減ったとすると、直径は a cmになるので、腹囲は、3.14a cmになります。

つまり、最初と比べると、6.28cm減ったことになりますね。

このように、円の直径を1cmのばすと円周は、円周率分、つまりは3.14cm長くなります。

直径を2cmのばすと、円周は6.28cm長くなります。

 

直径をxcmのばすと、 円周は3.14xcm長くなるのです。

-5年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

長方形を正方形でわけるだけで、 4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。 できるだけ大きな正方形 …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

魅力的なパンフレットを作ろう!~グラフの応用~

問題:あなたは「究塾」という塾から、「塾生を集めるためのパンフレットに使うグラフを、作ってほしい」と頼まれました。 究塾の過去の合格者数は下の表のとおりです。 あなたなら、どのようなグラフを作りますか …

正方形はいくつある??

正方形は何かを学ぶ2年生から高校生まで、幅広く行える授業です。子供の実態に応じて、または何を身につけさせたいのかに応じて、解法例を取り上げ、思考を深めてみてください。 問題 下の図の中に正方形はいくつ …

no image

四角形の内角の和 教科書の過ち

四角形の内角の和の学習では、児童が初めて 演繹的な考え方 に出会います。しかし、一般的な(教科書に載っている)展開は、児童の自然な思考の流れに反しています。 一般的な四角形の内角の和の授業は、 ①三角 …