算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

投稿日:2020年3月9日 更新日:

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。

 

A塾にとって都合の良いグラフ

A塾は、合格者数が減っています。しかし、塾生の数も減っており、塾生あたりの合格者数は増加しているのがポイントです。

そのため、下のような、縦軸がパーセンテージになっているグラフにする方がよいでしょう。

他の塾と比べて、合格率が高いことがよくわかるグラフになりましたね。

B塾にとって都合の良いグラフ

B塾は、合格率は下がっていますが、合格者数は増加しています。

そのため、下のように、縦軸が人数になっているグラフにする方が都合が良いでしょう。

特に、上のグラフの目盛りは、B塾は2人ずつに対して、A塾は5人ずつになっています。

また、B塾の縦軸は20人~34人ですが、A塾は400人~435人と大幅に異なります。グラフをパッと見ただけでは気が付きませんね。グラフから、A塾よりも、B塾の方が優れている印象を受けますね。

 

C塾にとって都合の良いグラフ

C塾は、下記のページで「究塾」として様々なグラフを載せています。

今回紹介する授業とは少し異なる展開ですので、ぜひご覧ください。

実際に、様々な塾が、様々なグラフを用いてアピールをしています。グラフから情報を受け取る我々は、パッと見ただけでデータを判断するのではなく、欺かれないように、情報を精査し、検討する必要があるということを、児童に伝える必要があるのです。

-4年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:


  1. […] 算数を究める2020.03.09自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用… […]

関連記事

カレンダーの数字のヒミツ

カレンダーの数字には、様々なヒミツが隠れています。ヒミツの証明まで考えなければ、3年生以上の学年で扱うことができる教材です。 あなたは、いくつのヒミツを見つけることができますか?このページでは9種類の …

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

ものの位置の表し方

第1学年では、左右や上下など、1次元のものの位置の表し方について学習しています。 第4学年では、平面上にあるものの位置についてどのように表すのかを学習します。この学習では、児童が体を動かしながら、楽し …

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。

no image

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …