算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 単発授業 思考力を鍛える問題

自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用~

投稿日:2020年3月9日 更新日:

下のように、3つの塾の合格者数に関する表があります。(クラスを3グループに分け)自分の担当する塾にとって都合が良いように、グラフを作りましょう。

 

A塾にとって都合の良いグラフ

A塾は、合格者数が減っています。しかし、塾生の数も減っており、塾生あたりの合格者数は増加しているのがポイントです。

そのため、下のような、縦軸がパーセンテージになっているグラフにする方がよいでしょう。

他の塾と比べて、合格率が高いことがよくわかるグラフになりましたね。

B塾にとって都合の良いグラフ

B塾は、合格率は下がっていますが、合格者数は増加しています。

そのため、下のように、縦軸が人数になっているグラフにする方が都合が良いでしょう。

特に、上のグラフの目盛りは、B塾は2人ずつに対して、A塾は5人ずつになっています。

また、B塾の縦軸は20人~34人ですが、A塾は400人~435人と大幅に異なります。グラフをパッと見ただけでは気が付きませんね。グラフから、A塾よりも、B塾の方が優れている印象を受けますね。

 

C塾にとって都合の良いグラフ

C塾は、下記のページで「究塾」として様々なグラフを載せています。

今回紹介する授業とは少し異なる展開ですので、ぜひご覧ください。

実際に、様々な塾が、様々なグラフを用いてアピールをしています。グラフから情報を受け取る我々は、パッと見ただけでデータを判断するのではなく、欺かれないように、情報を精査し、検討する必要があるということを、児童に伝える必要があるのです。

-4年生の算数, 単発授業, 思考力を鍛える問題

執筆者:


  1. […] 算数を究める2020.03.09自分の塾をグラフでアピールしよう ~グラフの活用… […]

関連記事

割り切れる数を探そう!

割り切れる数の見つけ方を知ることで、わり算や約分が格段に楽になります!知っていないと損する割り切れる数の見つけ方を紹介します。

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

0.1って何?

小数の基礎となる「0.1」について、簡単な動画にしてみました。 小数について解説したページはこちら↓ 小数(1より小さい数)の基礎基本 おまけ↓ 小数ゲーム

九九が織りなす美しい形

正十角形の頂点に0から9までの数字を順に記します。 九九の答えの一の位の数字を、順番に線で結ぶと美しい形が出てきます。     6の段は反時計回りの4の段と同じになります。同じように7の段と3の段、8 …

包含除と等分除の使い分け

包含除と等分除の違いは、必ずしも児童が理解をする必要はないかもしれません。(できた方がいいですが) しかし、算数を教える側(教師や親)は、使い分けることができないと思いがけない大混乱に繋がってしまいま …