算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

算数の基礎

質問と発問の違い

投稿日:2019年8月17日 更新日:

授業(特に指導案)では「発問」という言葉が頻出します。日常生活では「発問」という言葉はあまり使わず馴染みがなく、「質問」という言葉の方がよく聞くのではないでしょうか。ここでは「質問」と「発問」の違いについて説明します。また、いくつかの解釈がありますので、複数記載したいと思います。

 

国語辞書での違い

質問とは

「わからないことや疑わしい点について問いただすこと」

「問い質す(といただす)」は「意味がはっきりとわからない点を尋ねて明らかにすること」です。

「問い【正す】」は「間違いを直すこと」

「問い【質す】」は「不明な点を明らかにすること」 だそうです。

発問とは

「問いを発すること」「問いを出すこと」「質問をすること」

あります。

 

国語辞典では、「質問」と「発問」は同義として扱われているようです。

 

教育用語としての違い

「学校教育辞典 教育出版」によると以下のように示されています。

質問とは

「教材に関する過去の経験(既知・既習)の再生・再認を目的とし、おおむね一問一答でなされるものである」

発問とは

「未知・未習の提示によって、思考活動を活発にさせ、集団的に意見や見解の対立・分化を想定するものである」

 

つまり、「2+3を計算できますか?」や「昨日はどんな勉強をしたんだっけ?」といった問いは「質問」であり、

「どうやったら解けそうかな?」や「考えに似ているところはないかな?」といった問いは「発問」であると言えるでしょう。

上記したように「質問」も「発問」も「問い」に含まれると考えられます。

 

おまけ

教員の中には「問う側が答えを知っている場合は「発問」で、答えを知らない場合は「質問」である。」と考えている人もいるようです。

「授業には「質問」は不要である」とは思わないし、「これは「質問」、次は「発問」と意識して用いること」も不要であると考えます。

授業の中では「質問」を行うことで児童が自己を振り返り、「発問」を行うことで新たな算数を創っていくことが大切です。

教師からの「問い」、同級生からの「問い」、自分自身の「問い」が授業の源だと言えるでしょう。

 

-算数の基礎

執筆者:

関連記事

長さの普遍単位3種類

世界には長さの普遍単位がいくつか存在します。その普遍単位の種類と特徴について紹介します。 メートル法 普遍単位は普遍なもので定義しなければなりません。地球上で普遍なもの…。それは地球です。地球の北極点 …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

算数に欠かせない『理想化』とは!?

算数の授業をしたことがあっても、『理想化』という言葉を知っている教員は、そう多くはないのではないでしょうか。 しかし、算数の授業は、この『理想化』なしにはなりたちません。このページでは算数における『理 …

数という概念の獲得(幼児期)

数というものは、目に見ることはできません。 では、我々は、どのようにして数と出会い、数を理解していくのでしょうか。 数と量は違う 学習指導要領解説には「数量」という言葉が多く出てきます。「数量」は「数 …

4種類のひき算のブロック操作の違い

小学1年生のひき算について指導要領解説に示される4種類について、それぞれのブロック操作の違いを説明します。児童に操作させる際には、問題場面に沿った操作を行わせる必要があります。 9種類のひき算について …