算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

4年生の算数 5年生の算数 6年生の算数 単発授業

長方形を正方形に分ける ~公約数&フィボナッチ数列への発展~

投稿日:2020年3月24日 更新日:

長方形を正方形でわけるだけで、

4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。

できるだけ大きな正方形で分ける

早速ですが、下の長方形を、

できるだけ大きな正方形で分けてみてください。

このようになりますね。

これを式で表すと、

15÷6=2あまり3 (15cmの辺を、1辺が6cmの正方形でわけると2つ分と3cmあまる)

6÷3=2 (6cmの辺を、1辺が3cmの正方形でわけると2つ分)

となりますね。

長方形の辺の長さを変えてやってみましょう。

長方形の辺の長さを a cm、b cm (a>b)としたときに、一辺が b cmとなるような正方形を作っていけばいいですね。

どんな長方形であっても、最後、いくつかの1㎠の正方形を使えば、分けることができます。

同じ大きさの正方形で分ける

長方形を、同じ大きさの正方形で分けるには、どうすればいいのでしょうか。

先程の長方形でしたら、

上のように、1辺が3cmの正方形で分けることができます。

次の長方形はどうでしょうか。

この長方形を同じ正方形でわけようとすると、1辺が1㎠の正方形わけるしかありません。どうしてでしょうか。

同じ大きさの正方形で分ける際には、たての長さと横の長さの最大公約数を考えるのです。

1つ目の長方形でしたら、たてが6cm、横が15cmなので、6と15の最大公約数3を一辺の長さにする正方形を分けることができます。

一方、2つ目の長方形では、たてが7cm、横が11cmなので、7と11の最大公約数である1を一辺の長さにする長方形分けることになります。

フィボナッチ数列

次に、できるだけ大きな正方形を足して、長方形を作ってみましょう。

まずは、1辺の長さが1cmである正方形が1つあるとします。(正方形の中の数字は1辺の長さを表します)

できるだけ大きな正方形は1辺が1cmの正方形です。

次は、1辺が2cmの正方形をたすことができます。

これを繰り返していきます。

これら出てきた数字を並べてみましょう。

1,1,2,3,5,8,13…

とフィボナッチ数列が誕生しました。

このフィボナッチ数列は、前の前の数と前の数をたしていくというものです。

このように、4年生では、正方形の学習の発展として、5年生では、最大公約数の発展として、またはフィボナッチ数列というおもしろさとして扱うことのできる教材です。

-4年生の算数, 5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業

執筆者:

関連記事

速さや濃度の公式は覚える必要はない!①

算数の学習では、多くの公式が出てきます。本当に覚えることが必要な公式でしょうか。もちろん大切なもの、仕組みを理解するのは小学生には難しいものもあります。しかし、中には公式を覚える必要のないものもありま …

三角形の面積の公式の導き方(8種類)

三角形の面積の公式 「底辺✕高さ÷2」 を導く考え方について説明します。 学習指導要領には、面積の公式の導き方として、以下の三点が挙げられています。 ① 図形の一部を移動して,計算による求積が可能な図 …

「計算のきまり」を理解させる方法

交換法則や結合法則、分配法則は、4年生で学習します。4年生の子どもにとって、式変形はとても難易度が高く、全く理解できない子も少なくありません。 小学校段階では、式変形の結果に注目するよりも、なぜその式 …

no image

四角形の内角の和 教科書の過ち

四角形の内角の和の学習では、児童が初めて 演繹的な考え方 に出会います。しかし、一般的な(教科書に載っている)展開は、児童の自然な思考の流れに反しています。 一般的な四角形の内角の和の授業は、 ①三角 …

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …