算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数

面積の公式は1つでいい!万能な公式を紹介します!

投稿日:2019年8月3日 更新日:

面積の公式は、「たて✕横」や「底辺✕高さ」などたくさんあります。

「1つの公式に当てはめれば全部うまく行く!という万能な公式があればいいのに!」と考えたことがある人も多くいるでしょう。

ここでは、そんな方に、その「万能な公式」について教えます!

どんな図形の面積も求めることができる「万能な公式」それは

(上底+下底)✕高さ÷2

です!

え、それって台形の面積の求め方じゃん。と思うかもしれません。そもそも正方形も平行四辺形も台形なので、この公式が使えるのは当たり前なのです。しかし、三角形も円もこの公式で面積を求めることができます!

本当に1つの公式で求められるの?

それでは、実際にたった1つの公式で面積が求められるのか考えてみましょう。

まずは三角形から

次は円です。

 

 

どちらも (上底+下底)✕高さ÷2  で求められましたね!

ここで(上底+下底)÷2 に注目してみましょう。すると新たな公式が見えてきます。

万能な面積の公式

中連線✕高さ

ここでは中点どうしを結んだ線を中点連結線(中連線)と表記しました。

(上底+下底)÷2 は中連線の長さになります。

どうして公式が成り立つの?

上で紹介した面積の公式はなぜ成り立つのでしょうか。

そこを考えるには、「面積とは何か」を考えましょう。

詳しくはこちら↓

「長方形の面積=たての長さ×横の長さ」じゃない!

今までは直線で囲まれた図形の面積について考えてきました。では、下のように線がぐにゃぐにゃの形はどうしましょう。

面積とは何かに立ち返り、マスにはめてみましょう。

もちろん、うまくはまりませんね。

ここで全てが埋まっているマスとちょっとしか埋まっていないマスを見てみます。

全て埋まっているマスは1と数えていいですね。ちょっとしか埋まっていないマスはいくつかで1と考えます。すると、

縦も横も平均の長さが出てきます。

つまり、面積は

縦の平均の長さ✕横の平均の長さ

を考えればいいのです!

-5年生の算数

執筆者:

関連記事

長方形はいくつある??

長方形とは何かを学ぶ小学校2年生から、組み合わせの学習(コンビネーション)をする高校生まで授業で扱うことができます。 問題 下の図の中に長方形はいくつありますか? 解法①コツコツ数える 場合分けを行い …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

〇割△分□厘に関する誤解

分=0.01じゃない! 漢数字で1より小さい数を表すとき、野球の打率を思い出すとわかりやすいと思います。3割4分5厘といいますね。これは打率が34.5%(0.345)を表します。 気を付けなくてはなら …

小1~小6対応 思考力を鍛える問題:形の仲間分け

どの学年でも行うことのできる図形に関する授業です。隙間時間でも行えます。 問題 下の12個の図形を仲間に分けましょう。 上の図形はすべて私がwordで作成したものです。元の画像には色がついています。 …

算数心理マジック

算数における心理マジックを行いたいと思います。下の式になるように、問題文を作ります。 下の中から一つずつ単語を選んで問題を作ってください。 ペンキ ・ りんご ・ ロープ ・ ヘビ あなたは、何を選び …