算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数 単発授業 算数雑学

驚きの面積の求め方!ピックの定理

投稿日:2019年10月17日 更新日:

面積を求めるには様々な公式がありますね。今回は、数多ある求積法の中でも、シンプル&驚きのピックの定理について紹介します。

 

 

ピックの定理とは…

ピックの定理が使える条件は、

・すべての辺が直線である

・すべての頂点が方眼(マス)の交点にある

だけです。(方眼である必要もないです)

そして、ピックの定理とは、

「図形の辺(線)上の点÷2+図形の内部にある点−1」

で面積を求めることができる。というものです。とてもシンプルですね。

それでは、実際に面積が求められるのか確かめてみましょう。

 

 

方眼1つの面積を1としました。

 

方眼ではなく、点のみで考えると(4つの点を結んでできる正方形の面積を1とします)

見事に面積が求められますね。

条件を満たしていれば、とても変な形の図形でも面積を求めることができます。

条件という縛りはありますが、驚くほど簡単に面積を求めることができました。

 

-5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業, 算数雑学

執筆者:

関連記事

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

だれを大会に出す?~情報整理の活用~(6年生)

6年生の情報を整理して活用する学習後に行うことができます。 問題:ひな、さくら、かのん の3人のうち1人だけが、ボール投げ大会に出場できます。大会では、ボールを一球投げて、遠くまで飛ばした人が優勝とな …

21 を言ったら負けゲーム

1から順番に数字を言っていき、21を言った方の負けです。ただし、一度に言える数字は1~3個です。 2人でやる場合の必勝法を教えます。 後手必勝! まず、21を言わせるためには、17を言わせればいいので …

三角定規2枚で作ることのできる角度

2種類の三角定規を1枚ずつ使って、どのような角度が作れるでしょうか。 角をそのまま使って まず、30度、45度、60度、90度、180度は、下のように、すでにありますね。 それでは、三角定規を組み合わ …

わり算の性質を理解させる方法

わり算の性質が理解できれば、楽に計算できたり、計算ミスも減ります。どのように児童に、わり算の性質を理解させるのか解説します。