算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

5年生の算数 6年生の算数 単発授業 算数雑学

驚きの面積の求め方!ピックの定理

投稿日:2019年10月17日 更新日:

面積を求めるには様々な公式がありますね。今回は、数多ある求積法の中でも、シンプル&驚きのピックの定理について紹介します。

 

 

ピックの定理とは…

ピックの定理が使える条件は、

・すべての辺が直線である

・すべての頂点が方眼(マス)の交点にある

だけです。(方眼である必要もないです)

そして、ピックの定理とは、

「図形の辺(線)上の点÷2+図形の内部にある点−1」

で面積を求めることができる。というものです。とてもシンプルですね。

それでは、実際に面積が求められるのか確かめてみましょう。

 

 

方眼1つの面積を1としました。

 

方眼ではなく、点のみで考えると(4つの点を結んでできる正方形の面積を1とします)

見事に面積が求められますね。

条件を満たしていれば、とても変な形の図形でも面積を求めることができます。

条件という縛りはありますが、驚くほど簡単に面積を求めることができました。

 

-5年生の算数, 6年生の算数, 単発授業, 算数雑学

執筆者:

関連記事

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

漢字で表される単位の秘密

mやkgなど、SI基本単位やSI接頭語は漢字一文字で表されることもあります。SI接頭語と漢字は意外と相性がいいみたいです。 基本的な単位についての解説はこちら↓ 単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k …

正多角形の面積から円の面積の公式へ

正五角形の面積を求めてみましょう。 抽象的になりますが、一般化を図るために言葉の式で考えます。 次に、正六角形の面積を考えます。 どちらの面積も、 「周りの長さ✕高さ÷2」 で求められるようです。   …

単位の種類と仕組み(mを基準に!c,k,d??)

算数で最も欠かせないものは「量」である。といっても過言ではありません。 量について及び普遍単位についてはこちらのページを参照してください! 数と量って違うの? 普遍単位による長さの比較 ここで扱う「単 …

21 を言ったら負けゲーム

1から順番に数字を言っていき、21を言った方の負けです。ただし、一度に言える数字は1~3個です。 2人でやる場合の必勝法を教えます。 後手必勝! まず、21を言わせるためには、17を言わせればいいので …