算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 2年生の算数 3年生の算数

演算記号(+,-,×,÷)の由来

投稿日:2018年12月1日 更新日:

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。

+ の由来

所説①ラテン語説

「3+2」を言葉で言うと「3と2」ですね。 「+」を日本語で表すと「~と」です。ラテン語では「~と」を「et」と表記します。この「et」を速記したとき、文字が崩れて「+」になったと言われています。

ちなみに「&」もこの「et」が由来です。

所説②水樽説

船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書きました。その樽に水を足したとき、新たに書かれた「-」と、それまでに書かれていた「-」と混同しないように一本線を引き「+」にしたと言われています。

- の由来

所説①ラテン語説

「-」はラテン語で「minus」です。この頭文字である「m」を速記したとき、文字が崩れて「-」になったと言われています。

所説②水樽説

「+」の説明で書いた通り、船乗りが樽の中の水の量を管理する際、水面にあたる個所に「-」と書いたものが由来と言われています。

× の由来

所説①筆算説

かけ算の筆算を考えてみてください。かける数をかけていくときにバッテンが真ん中にありますね。(下の図の赤矢印)これが「×」の由来と言われています。

所説②十字架説

「×」という記号を世界で初めて使ったと言われるイギリスのオートレッドさんが、キリストの十字架をななめにして作ったと言われています。しかし、なぜななめにしたのかは不明です。

÷ の由来

所説①分数説

わり算は分数で表すことができますね。

この分数の形が「÷」になったと言われています。

-1年生の算数, 2年生の算数, 3年生の算数
-

執筆者:

関連記事

たし算を習う順番と扱う数字の理由

小学1年生におけるたし算の学習は、どのような段階を経るのか、また、教科書に出てくる問題の数値はどのように決められているのか解説します。 たし算①:繰り上がりのないたし算 一番はじめに習うたし算は繰り上 …

カレンダーの数字のヒミツ

カレンダーの数字には、様々なヒミツが隠れています。ヒミツの証明まで考えなければ、3年生以上の学年で扱うことができる教材です。 あなたは、いくつのヒミツを見つけることができますか?このページでは9種類の …

0のたし算ひき算を教えるポイント

大人にとっては簡単で、当たり前だと思われる0のたし算ひき算ですが、意外と躓きポイントは多くあります。児童の躓きを事前に知り、指導に役立ててください。 2+0=20? 2+0=20な訳ないじゃないか!と …

0のひき算を教えるときは求残?求差?

「求残」で教える 6社あるうちの5社が、「のこり」を考える求残でした。求残はブロック操作がしやすく簡単なものになります。「3-3」を例に考えてみましょう。 りんごが3こあります。3こ食べると のこりは …

なかまづくり どちらがおおい?

1年生の最初に扱われる教材です。最初だからこそ、抑えるべきポイントをしっかり抑える必要があります。 1年生の算数は、大人にとっては「当たり前」なことがほとんどです。 そのため、大事なポイントを他の学年 …