算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

0のたし算ひき算を教えるポイント

投稿日:2019年11月5日 更新日:

大人にとっては簡単で、当たり前だと思われる0のたし算ひき算ですが、意外と躓きポイントは多くあります。児童の躓きを事前に知り、指導に役立ててください。

2+0=20?

2+0=20な訳ないじゃないか!と思われるでしょうが、20じゃない理由を説明できますか?1年生は十進位取り記数法については習っていないので、「1の位の…」という説明はダメです。

実は、数字で考えるからややこしくなるのです。ブロックを2こ用意し、そこに0こたせば、2のままですよね。

また、「2人で遊んでいます。来る予定だった友達がカゼで来られなくなりました。遊んでいるのは何人ですか?」と、児童の体験に近い説明も有効かと思います。

10-0=1?

上のひき算と同じように、0のひき算も気を付けなくてはなりません。10の0をとってしまう子がいるのです。

こちらも、ブロックで考えたり、あめが10こあって、ママに怒られたから全く食べなかったなどの体験を挙げるとよいでしょう。

何もない=0

また、0は「何もない」を表します。すると、

2-2=       と答えに何も書かない子も出てきます。

0+3であれば、何もないところに3をたすことになります。これも児童にとってはイメージが困難です。

ブロックを使う際には、単に机の上にブロックを置くのではなく、円を書いてお皿を真似たり、箱に入れたりし、

「皿の上にイチゴが0こ」や「箱の中にボールが0こ」のようにするとイメージがしやすくなるようです。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


  1. […] 0のたし算ひき算を教えるポイント […]

関連記事

□を使った式の落とし穴(□の使い分け)

□は、数をかく場所としての記号として用いる場合と、未知の数量を表す記号として用いる場合、変量を表す記号として用いる場合の3つの使い方があります。 ここでは、□が用いられる場面や児童のつまづきやすいポイ …

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 + の由来 所説①ラテン語説 「3+2」を言葉で言うと「3と2」です …

「数」というものをどのように教えるのか

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。 しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。 それでは、「数」 …

小学校教員が定時で帰るための授業準備の仕方&心掛け

教員の激務が問題になっていますが、働き方は一向に変わる気配はありません。 行政が働き方を変えないのであれば、自分が働き方を変えるしかありません。 私が行っている定時で帰るための仕事術と教員としての心掛 …

1年生:任意単位による長さの比較 授業のポイント

1年生の長さの授業も、直接比較→間接比較と学習が進み、いよいよ最後の任意単位を使った長さの比較に入ります。 (定規を使う普遍単位の比較は2年生) 算数を究める1年生:長さの直接比較 授業のポイントht …