算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

0のたし算ひき算を教えるポイント

投稿日:2019年11月5日 更新日:

大人にとっては簡単で、当たり前だと思われる0のたし算ひき算ですが、意外と躓きポイントは多くあります。児童の躓きを事前に知り、指導に役立ててください。

2+0=20?

2+0=20な訳ないじゃないか!と思われるでしょうが、20じゃない理由を説明できますか?1年生は十進位取り記数法については習っていないので、「1の位の…」という説明はダメです。

実は、数字で考えるからややこしくなるのです。ブロックを2こ用意し、そこに0こたせば、2のままですよね。

また、「2人で遊んでいます。来る予定だった友達がカゼで来られなくなりました。遊んでいるのは何人ですか?」と、児童の体験に近い説明も有効かと思います。

10-0=1?

上のひき算と同じように、0のひき算も気を付けなくてはなりません。10の0をとってしまう子がいるのです。

こちらも、ブロックで考えたり、あめが10こあって、ママに怒られたから全く食べなかったなどの体験を挙げるとよいでしょう。

何もない=0

また、0は「何もない」を表します。すると、

2-2=       と答えに何も書かない子も出てきます。

0+3であれば、何もないところに3をたすことになります。これも児童にとってはイメージが困難です。

ブロックを使う際には、単に机の上にブロックを置くのではなく、円を書いてお皿を真似たり、箱に入れたりし、

「皿の上にイチゴが0こ」や「箱の中にボールが0こ」のようにするとイメージがしやすくなるようです。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


関連記事

分離量と連続量の意味と違いを知っていますか?

量は、分離量と連続量に分けられます。この2つを意識して授業を行わないとと児童の混乱を招きます。 量とは… そもそも量とは何でしょうか。量と数(すう)の違いは? 簡単に言うと、量は数(すう)に単位がつい …

「相似な図形」はこれでカンペキ!相似な図形のかき方8種類!

小学校における平面図形の最後を飾るのは「相似な図形」です。「相似な図形」のかき方、全8種類について紹介します! 今回は、2倍の拡大図のかき方について説明します。 マスに注目してかく! はじめに行う相似 …

算数に欠かせない『理想化』とは!?

算数の授業をしたことがあっても、『理想化』という言葉を知っている教員は、そう多くはないのではないでしょうか。 しかし、算数の授業は、この『理想化』なしにはなりたちません。このページでは算数における『理 …

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

図は「書く?」「描く?」「画く?」

国語の学習のようですが、授業中に「あれ?どっちだ?」と思ったことのある人は多いはずです。どれだと思いますか?? 一般的に、「書く」は文字、「描く」は絵 という認識でしょう。 そもそも「図」とは… 図と …