算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

0のひき算を教えるときは求残?求差?

投稿日:2019年11月14日 更新日:

「求残」で教える

6社あるうちの5社が、「のこり」を考える求残でした。求残はブロック操作がしやすく簡単なものになります。「3-3」を例に考えてみましょう。

りんごが3こあります。3こ食べると のこりは何こですか?

という問題でしたら、

となりますね。とても自然なブロック操作です。

また、「3-0」でしたら、ブロックをそのままにしますので、答えは3のままです。

「求差」で教える

1社は「ちがい」を考える求差でした。求差では、ブロックを2列に並べるので、ブロック操作ができない(不自然である)と考えたほうがいいでしょう。

どうしてブロック操作が適さないのか、「求差」で教えるよさは何か説明します。

「求残」と同様に、「3-3」で考えてみましょう。

玉入れをしました。1回目は3こ、2回目は3こでした。1回目と2回目の違いは何こでしょう。

という問題でしたら、ブロックを2列に並べてペアを作り、

ペアにならないものはない、つまり、差はないので、答えは0になります。

また、「3-0」を考えます。

玉入れをしました。1回目は3こ、2回目は0こでした。1回目と2回目の違いは何こでしょう。

という問題でしたら、ブロック操作は、

と、上のように3このブロックの下に空白があることになり、ペアを作るのです。とても不自然ですよね。

この1社は繰り上がりのあるたし算・繰り下がりのないひき算の学習のあとに0の計算が出てきます。

そのため、ブロック操作をしないことを前提に、問題場面が作られているのです。

もちろん、この1社の指導書には「ブロック操作で…」とは書かれていません。しかし、ブロックを使ってしまう教員はいるかもしれません。

「求差」で教えるメリット

では、なぜ1社は「求差」を扱っているのでしょうか。

1回目の玉入れが0こ、2回目の玉入れが2この場合、「0−2」 にしてしまう子もいますよね。また、

1回目の玉入れが0こ、2回目の玉入れも0この場合、「0-0」 の場面が出てきます。

これらは「のこり」を考える求残では決して出てきません。

りんごが0個あって、そこから2個取る。

りんごが0個あって、そこから0個取る。

というのは不自然ですよね。

このように、「求残」、「求差」それぞれの特徴を把握していないと誤った指導をしてしまうことにもなりかねません。

あなたなら、求残、求差どちらで授業をしますか?

0の加法減法の指導のポイントやブロック操作のポイントは下のページをご覧ください。

0のたし算ひき算を教えるポイント

ひき算のパターン(9種類)

ブロックを操作させる際の抑えたいポイント

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:

関連記事

1年生:任意単位による長さの比較 授業のポイント

1年生の長さの授業も、直接比較→間接比較と学習が進み、いよいよ最後の任意単位を使った長さの比較に入ります。 (定規を使う普遍単位の比較は2年生) 算数を究める1年生:長さの直接比較 授業のポイントht …

ものの位置の表し方

第1学年では、左右や上下など、1次元のものの位置の表し方について学習しています。 第4学年では、平面上にあるものの位置についてどのように表すのかを学習します。この学習では、児童が体を動かしながら、楽し …

小学校で習う8種類のグラフ

小学校算数では1年生から6年生までの間に8種類のグラフについて学習します。特徴を簡単に説明すれば、 数量の大小を比較するのは絵グラフと棒グラフ 数量の変化をとらえるのは折れ線グラフ 資料の部分と部分( …

長さの普遍単位3種類

世界には長さの普遍単位がいくつか存在します。その普遍単位の種類と特徴について紹介します。 メートル法 普遍単位は普遍なもので定義しなければなりません。地球上で普遍なもの…。それは地球です。地球の北極点 …

たし算のパターン(6種類)

小学1年生のたし算について考えます。考え方の違いによって、ブロック操作の仕方も変わりますので注意が必要です。平成29年度告示算数科学習指導要領では、「加法が用いられる場面」として「合併」、「増加」、「 …