算数を究める

算数の基礎と雑学をわかりやすく解説します。よりよい算数授業と算数好き児童を増やすサイト

1年生の算数 算数の基礎

1年生:立体図形の学習 授業のポイント

投稿日:2020年4月20日 更新日:

小学校最初の図形の学習は、平面図形ではなく、立体図形です。

これは、立体図形の方が具体性があり、立体図形の構成要素として平面図形があるからでしょう。

それでは、小学校最初の図形領域の学習である「立体的な図形」の授業を行う際のポイントについて解説していきます。

立体的な物を作ろう

導入では、お菓子の空箱やラップの芯、ピンポン玉などを使って、タワーや動物などの立体的な物を作ります。

用意したい立体図形は、角柱、円柱、球の3種類です。

角柱を用意するのはそんなに大変ではないでしょう。

円柱は、チップスターやプリングルスなどのチップス系の箱に多くあります。

球は発泡スチロールでできたものが百均やネットで売っています。

また、角柱として、コアラのマーチがオススメです。

材料は子どもたちにも持ってきてもらいたいですね。1週間ほど前から準備をして、

1人あたり、角柱、円柱、球をそれぞれ4つずつあると学習しやすいです。

セロテープは使わせない

作り始める前に、「のりやセロテープは使わない」ということを約束しておきましょう。

この学習で児童は、立体的な図形について、転がるか転がらないか(積めるか積めないか)を考えます。セロテープを使ってしまうと強引に球の上に球を乗せる子も出てきます。

(テープ等を使って)乗せられる=積める ではないことも授業の最後には確認しましょう。

 

作って終わりは図工

立体的なものを作って、

「カッコイイのができたね!」、「大きく作れたね!」、「ここの色遣いがいいね!」と言ったのでは算数ではなく、図工になってしまいます。

それでは、算数の学習にするためには、どのような声掛けが必要なのでしょうか。下のような形を児童が作ったとしましょう。

なぜ、その形をそこに使ったのか?

上のきりんを作った児童は、特に意識をしないで、円柱を立てて足に使っています。そのため、「工夫したところはどこ?」と尋ねても、「首が長い」とか「つのがある」とか算数の学習には繋がりません。

例えば、下のような形を見せて、「先生のキリンはすぐに転んじゃうんだけど、どうしてだろう?」と尋ねてみてはどうでしょうか。(もしくは悩んでいる友達がいたらベスト!)

きっと児童は「これだと足がコロコロしちゃうよ。」「平らなところを下にすればいいんだよ」などと、円柱を図形として着目し、アドバイスを始めるでしょう。

また、下のようなキリンを見せて「首がグラグラしちゃうんだけど…。」と相談したらどうでしょうか。

球(ボール)は転がるから積むことができない。円柱(筒のような形)は向きを変えれば積むことができる。(もしくは転がる)というポイントに気づかせることができます。

多くの児童が、球を足に使うようなことはしないでしょう。なぜしないのか。どのような形なら足にふさわしいのかをしっかりと抑えましょう。

また、車を作った子がいたら、タイヤは球や円柱を使うはずです。どうして、球や円柱を使ったのか、直方体ではどうしてダメなのかを考えさせたいですね。

立体図形の仲間わけ

上記のように授業を展開すると、

「足にふさわしい形」や「足にふさわしくない形」、または、「タイヤにふさわしい形」や「タイヤにふさわしくない形」があることがわかってきます。

そこで、どのような形が足にふさわしく、そうではないのかを仲間わけしていきましょう。

足にふさわしい形=積める形

タイヤにふさわしい形=転がる形

ここで、ぜひコアラのマーチの箱(六角柱)は転がる形なのかを考えさせてみてください。

六角柱は転がる形?

おそらく、半分近くの児童が「(六角柱は)転がる」と考えるはずです。児童にとって身近な六角柱である鉛筆は転がりますからね。

では、転がらないと考えた子はどのように見たのでしょうか。おそらく、「平らなところしかない」とか「丸くない」とか「カクカクしている」と図形として六角柱を捉えているのでしょう。

ここで、六角柱は、「転がらない形です!」と言い切ってもいいのですが、「転がりにくい形」と濁してもいいでしょう。

プラスα:どうして積めるの?どうして転がるの?

積めるのか、転がるのかを判断するとき、児童はどこに着目しているのでしょうか。その着目しているポイントを意識させましょう。

転がる形は、どこかに円(まる)がありますね。

積める形は、どこかに四角がありますね。(円柱は真横から見れば四角)

おそらく児童は簡単に仲間わけをするでしょう。しかし、「どうして?」と問われれば困ってしまう子がほとんどです。

この見方ができれば、六角柱は転がらない形であることもわかります。

図形を多角的に見られるように、発問をしていきましょう。

どっちの仲間にも入る円柱

さて、円柱は、「積むことができる形」の仲間でもあるし、「転がる形」の仲間でもあります。

そこでさらに下のように仲間に分けていきましょう。

「はこのような形」ではなく、「しかくばっかりの形」などのような違った言い方でも構いません。

少しずつ児童が立体図形の面(構成要素)に着目してきていますね。

立体図形の面を使って絵をかこう

さらに児童が面に着目できるように、面を写し取って絵を描く活動が設定されています。

この学習には、四角や三角を使って身の回りにあるものの絵を描くことで、身の回りの物を四角や三角(図形)として捉えるという大事な意味があります。その中で、ぜひ扱ってほしいのが直方体です。

全ての面を1回ずつ使おう

例えば、直方体を使って、「全ての面を1回ずつ使って絵を描こう」とルールを決めたらどうなるでしょうか。

1年生では、「直方体(箱の形)には、全部で6つの面があります」といった学習はしません。しかし、その学習の素地は培うことができます。

もしかしたら、同じ形が2組ずつあることに気づく子もいるかもしれません。

立方体を使ったこの中には、すべての面の形が同じであることに気づく子もでてくるでしょう。

決して、「上手に色が塗れたね。」などとは言ってはいけません。

 

1年生の学習は、基礎中の基礎であり、児童もすんなりできてしまうことが多くあります。だからこそ、「この学習で何を身につけさせるのか」を授業者が考えないと、「ただ活動して終わり」となってしまいます。

「今日の授業では児童に何を身につけさせるのか」、「今日学んだことが、今後どのようにいかされるのか」を把握して授業に臨めるといいですね。

-1年生の算数, 算数の基礎

執筆者:


  1. […] 算数を究める1年生:立体図形の学習 授業のポイントhttps://mathematicalpapyrus… […]

関連記事

比例学習のスパイラル(各学年で教えるべきこと)

算数の山の1つである「比例」の学習は4年生から始まります。どのような系統的学習を経て児童は比例を学ぶのでしょうか。     4年:変わり方 4年生では、「ともなって変わる2つの量の変わり方を調べる」と …

数と量って違うの?

量とは何でしょうか。量と数(すう)の違いは? 簡単に言うと、量は数(すう)に単位がついたものです。1や2は数(すう)です。1個や2mは量です。 物が存在するとき、そこには量が発生します。その量の数(か …

1年生:長さの間接比較 授業のポイント

長さの直接比較の授業についてはこちらを参照してください。 算数を究める1年生:長さの直接比較 授業のポイントhttps://mathematicalpapyrus.com/%ef%bc%91%e5%b …

「数」というものをどのように教えるのか

大人にとっては、当たり前すぎて意識をしないほど、「数」というものは、日常生活のありとあらゆる場面で出てきます。 しかし、生まれてすぐに「数」というものの存在をしっている人はいません。 それでは、「数」 …

演算記号(+,-,×,÷)の由来

立式をするときに使用する演算記号(+,-,×,÷)の由来について解説をします。ちょっとした雑学として教えてあげるとおもしろいです。 + の由来 所説①ラテン語説 「3+2」を言葉で言うと「3と2」です …